マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

東海

長良川鉄道の「観光列車 ながら」スイーツプラン|絶品スイーツのオンパレード

沿線地域の食材を使ったスイーツが楽しめる。長良川鉄道の「観光列車 ながら」のスイーツプランに乗ってきました!

長良川鉄道の「観光列車 ながら」ビュープラン|ながてつの北端、北濃駅へ

前回のブログでは「観光列車 ながら」の「鮎号」に乗ってランチを楽しんできました。今回は郡上八幡から足を伸ばし、長良川鉄道の北端「北濃駅」まで「森号」に乗ってきました!

長良川鉄道の「観光列車 ながら」ランチプラン|長良川に沿って走る清流レストラン

木曽三川のひとつ・長良川に沿って走る「長良川鉄道」を走る「観光列車 ながら」。川と山の美しい景観を眺めながら、沿線の食材を使った美味しい料理を頂きました。

[駅弁食べ歩き]名古屋駅の「東海道新幹線富士山弁當」|N700Sデビュー記念

東海道新幹線の新型車両「N700S」のデビューを記念して登場した「東海道新幹線富士山弁當」。製造は「ジェイアール東海パッセンジャーズ」です。

大井川鐵道の「SLかわね路号」|C11 190号機が復帰

7月から蒸気機関車の不具合のため運休していた「SLかわね路号」が、2020年10月8日(木)から運転再開。久々のSL旅を楽しんできました!

[駅弁食べ歩き]名古屋駅の「コーチンわっぱめし」|老舗が作る名古屋コーチン駅弁

名古屋といえば全国的な知名度を誇る「名古屋コーチン」が有名ですが、その名古屋コーチンを使った駅弁といえばこれ!「松浦商店」謹製の「コーチンわっぱめし」。

明知鉄道の「きのこ列車」|秋の味覚を食堂車で楽しむ

きのこ料理、松茸ごはん、土瓶蒸しまで!きのこ尽くしの食堂車。明知鉄道の「きのこ列車」に乗ってきました!

[駅弁食べ歩き]近鉄名古屋駅の「しまかぜ弁当」|おかずたっぷり幕の内

近鉄を代表するプレミアムな観光特急「しまかぜ」の名が入った、その名も「しまかぜ弁当」。

【新幹線とともに誕生】名古屋駅の「幕の内 こだま」[駅弁食べ歩き]

「松浦商店」謹製の「こだま」は、昭和39(1964)年の東海道新幹線開業とともに誕生した幕の内弁当。歴史ある「こだま」の名を、駅弁でも引き継いでいるのです。

【日本で唯一のアプト式鉄道】大井川鐵道の「南アルプスあぷとライン」に乗ってきました!

大井川鐵道には2つの路線があります。1つはSL急行で有名な「大井川本線 (金谷〜千頭間)」。今回はもう1つの路線「井川線 (千頭〜井川間)」に乗車。日本で唯一のアプト式鉄道を有する、およそ1時間50分の旅です。

【ヘルシーな寒天料理がいっぱい】明知鉄道の「寒天列車」に乗ってきました!

カロリーがほとんどなく、食物繊維をたっぷり含んだヘルシー食材「寒天」を使った料理が楽しめる!岐阜県恵那市の「明知鉄道」の食堂車「寒天列車」に乗ってきました。

【SLよりお得で旅情満点】大井川鐵道の「EL急行 かわね路号」に乗ってきました!

2020年6月下旬からSL急行の代わりに運転されている「EL急行 かわね路号」。実はSLよりもお得に乗車できて客車列車の旅情も楽しめる、とっても乗り得な列車なのです。

【越前と美濃を結ぶはずだった未成線】長良川鉄道・越美南線[鉄道完乗を目指す旅]

乗り鉄の最終目標「日本の鉄道全線完乗」を目指す旅。今回は、岐阜県の美濃太田と北濃を結ぶ「長良川鉄道・越美南線」です。

【明日への希望をのせて走る】四日市あすなろう鉄道内部線・八王子線[鉄道完乗を目指す旅]

乗り鉄の最終目標「日本の鉄道全線完乗」を目指す旅。今回は、三重県の四日市市内を走る「四日市あすなろう鉄道」です。

【三重県を走るローカル鉄道】三岐鉄道三岐線・北勢線[鉄道完乗を目指す旅]

乗り鉄の最終目標「日本の鉄道全線完乗」を目指す旅。今回は、三重県内に2つの路線を持つローカル鉄道「三岐鉄道」です。

【岐阜県と三重県を結ぶ】養老鉄道・養老線[鉄道完乗を目指す旅]

乗り鉄の最終目標「日本の鉄道全線完乗」を目指す旅。今回は、岐阜県の揖斐と三重県の桑名を結ぶ「養老鉄道」。岐阜県と三重県を結ぶ唯一の路線です。

【モ755 モ514が保存】名鉄旧谷汲駅へ行ってきました!

2001年に廃止された名鉄谷汲線の終点「谷汲駅」では、19年経った今でも駅舎・ホーム、そして当時活躍していた車両が当時のまま保存されています。

【秘境区間から伊那谷へ】JR東海・飯田線と中央本線旧線[鉄道完乗を目指す旅]

乗り鉄の最終目標「日本の鉄道全線完乗」を目指す旅。今回は、天竜川の渓谷から伊那谷の田園風景そして南アルプスの山々が楽しめる、JR東海の「飯田線」を中心に旅します。

【18きっぱー御用達】夜行快速「ムーンライトながら」に乗ってきました!

春夏冬の長期休暇期間に走る臨時列車。「東京駅」と岐阜県の「大垣駅」を結ぶ夜行快速「ムーンライトながら」に乗ってきました。

【道半ばで途切れた線路】名松線と伊勢奥津からバスを乗り継ぎ名張へ[鉄道完乗を目指す旅]

名張と松阪を結ぶ路線として計画された「名松線」。残念ながら松阪〜伊勢奥津間以外は開通する事なく今に至ります。今回は名松線とバスを乗り継ぎ、道半ばで途切れた線路を思いながら旅してきました!

【蓋を開けると音楽が流れる】松阪駅の「モー太郎弁当」[駅弁食べ歩き]

蓋を開けると音楽が流れる!さらにビジュアルのインパクトも大!かなりパンチが効いた印象で人気の「モー太郎弁当」。

【名古屋〜湯の山温泉直通】近鉄の観光列車つどいの「足湯列車」に乗ってきました!

列車に乗りながら足湯が楽しめる!?近鉄名古屋駅と湯の山温泉駅の間を走る「足湯列車」に乗って、流れる景色と足湯の両方を楽しんできました!

【日本初の牛肉駅弁】松阪駅の「元祖特選牛肉弁当」[駅弁食べ歩き]

「特選元祖牛肉弁当」が登場したのは1959(昭和34)年7月15日。この日は国鉄紀勢本線が全通した日で、まさにこれを記念して発売された駅弁。そして日本で初めて牛肉を使用した駅弁なのです。

【引退直前】近鉄特急12200系「新スナックカー」に乗ってきました!

近鉄特急のイメージ一新させる新塗装が進む中、オレンジと紺の旧塗装をまとうのが「12200系」愛称は「新スナックカー」。しかし、名阪特急「ひのとり」のデビューを機に引退する事が決まっています。

【有料試乗会】近鉄の新型名阪特急「ひのとり」にひと足早く乗ってきました!

3月14日にデビューした近鉄の新型名阪特急「ひのとり」の有料試乗会へ。くつろぎのアップグレードをひと足早く体感してきました!

【稲荷寿しも入った豪華な幕の内】豊橋駅の「吉田伝説」[駅弁食べ歩き]

「吉田伝説」。えらくカッコいいネーミングの駅弁ですが、「吉田」とは江戸時代の東海道の宿場「吉田宿」に由来するもの。

【3種類の味を食べ比べ】豊橋駅の「三色稲荷寿し」[駅弁食べ歩き]

前回は豊橋駅「壺屋弁当部」の名物駅弁「稲荷寿し」をご紹介しましたが、今回頂いたのは3種類の稲荷寿しが楽しめる駅弁。その名も「三色稲荷寿し」。

【甘くてジューシーなお揚げさん】豊橋駅の「稲荷寿し」[駅弁食べ歩き]

豊橋駅「壺屋弁当部」の看板駅弁と言われているのがこの「稲荷寿し」。駅弁好きの間では『日本一美味しい稲荷寿司の駅弁』とも評されているのだそう。

【熱々のぼたん鍋と温泉】樽見鉄道の「しし鍋列車」に乗ってきました!

猪肉の『ボタン鍋』と季節の料理が食べられて、さらに『うすずみ温泉』の入浴までセットになっている、樽見鉄道の「しし鍋列車」に乗ってきました!

【SLに乗ってコタツでおでん】大井川鐵道の「SLおでん列車」に乗ってきました!

SL「かわね路」号にお座敷車両を連結し、SL車内でおでんが楽しめる、大井川鐵道の「おでん列車」に乗ってきました。