マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

JR東海の「飯田線秘境駅号」2021年秋|紅葉色づく秋雨の秘境駅号

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211122200244j:image

普段降りることが難しい飯田線の秘境駅を巡る、JR東海の「飯田線秘境駅号」。今回は紅葉色づく秋の秘境駅号に乗ってきました!

*2021年11月の情報を基に作成しています

熱烈なお見送りで秘境駅号の旅がスタート

f:id:masa-tetsudo:20211123113945j:image

急行「飯田線秘境駅号」は、普段降りることが難しい秘境駅を効率よく巡り、さらに駅周辺の観光が楽しめる列車。毎年春と秋に運行されていますが、毎シーズン座席を確保するのが困難なぐらいの人気ぶりです。「飯田線秘境駅号」に乗るのは2回目ですが、2回とも雨の秘境駅号となってしまいました。

www.masatetsudo.com

f:id:masa-tetsudo:20211122200257j:image

今回乗車した2021年秋シーズンの「飯田線秘境駅号」は11月20日~23日の4日間運行されました。

出発する「豊橋駅」では、手の込んだLED表示が旅のワクワクを掻き立ててくれます。
f:id:masa-tetsudo:20211122200254j:image

LED職人さんに拍手!
f:id:masa-tetsudo:20211122200252j:image

「飯田線秘境駅号」が入線してきました!
f:id:masa-tetsudo:20211122200246j:image

ホームには横断幕やパネルを持った駅員さんが大勢!

ホームから、そして隣接する乗務区から、熱烈なお見送りを受けながら「飯田線秘境駅号」5時間40分の旅がスタート!
f:id:masa-tetsudo:20211122200249j:image

この日は平日にもかかわらず、座席はほぼ満席。ツアー客も多くいるみたい。

f:id:masa-tetsudo:20211122201919j:image

秘境駅区間に入ると忙しくなると予想して、少し早いですがさっそくお弁当を広げます。購入したのは、その名も「飯田線秘境駅弁当」。
f:id:masa-tetsudo:20211122201934j:image

豊橋駅の駅弁屋さん「壷屋」謹製。おかずがぎっしり詰まっています!中でも、壷屋名物の稲荷寿司は、甘めのタレが染み込んだ油揚げがジューシーで絶品です。

急いで行かない急行列車

f:id:masa-tetsudo:20211122201927j:image

「新城駅」に到着。さっそくここで24分停車します。種別は急行ですが"急いで行かない"列車です。
f:id:masa-tetsudo:20211122201929j:image

ホワイトボードには歓迎の文字が。
f:id:masa-tetsudo:20211122201924j:image

待合室では地元の皆さんによる物産品の販売が行われていました。
f:id:masa-tetsudo:20211122201914j:image

試食もたくさんあって、ついつい手が伸びる!
f:id:masa-tetsudo:20211122201932j:image

「新城駅」では反対の普通列車を退避。

f:id:masa-tetsudo:20211123095639j:image

さらに豊橋を18分遅く発車した「特急 伊那路」に道を譲ります。
f:id:masa-tetsudo:20211122201912j:image

新城で購入した「奥三河バーガー」をいただきます!なんと猪肉のメンチカツを挟んだ一品。奥三河では猪が有名なのだそう。分厚くて肉々しい猪肉のメンチカツに、ごぼうチップスがアクセント。美味しい!

あとで調べると、高速道路のパーキングエリアで発売されているみたい。気になった方はぜひ。

f:id:masa-tetsudo:20211123100327j:image

秘境駅号は、鳳来峡付近を通過。このあたりの川は、川底に板を敷き詰めたように見えるから、別名板敷川とも呼ばれるそう。紅葉と渓谷のコントラストが美しい中を、時速10キロぐらいのスピードでゆっくりと走ります。

f:id:masa-tetsudo:20211123100456j:image

元は運転士だった車掌さんの放送によると、雨と落ち葉と登り勾配で滑りやすい中、ゆっくりと走るのは至難の技なのだそう。秘境駅号は運転士さんもウデが鳴る列車でもあるようです。

紅葉色づく秘境駅へ

f:id:masa-tetsudo:20211123100353j:image

最初の秘境駅「柿平駅」に到着。2021年の秘境駅ランキング172位。
f:id:masa-tetsudo:20211123100349j:image

さっそく色づいたもみじを発見!
f:id:masa-tetsudo:20211123100355j:image

雨に濡れたもみじも、なかなか美しい。
f:id:masa-tetsudo:20211123100324j:image

続いて到着したのは「東栄駅」。
f:id:masa-tetsudo:20211123100340j:image

鬼が目を光らせる、東栄駅の駅舎。国指定重要無形民俗文化財の「花祭」で使用される鬼の面がモチーフとなっています。
f:id:masa-tetsudo:20211123100331j:image

燃えるように真っ赤に色づいたもみじ。秋を走る秘境駅ならではの光景です。

f:id:masa-tetsudo:20211124074017j:image

「東栄駅」の駅前では物産品の販売が行われていました。試食させてもらったみかんが、甘くて美味しかった!
f:id:masa-tetsudo:20211123100343j:image

駅に停車する毎に、列車の前には記念ボードが設置されていました。
f:id:masa-tetsudo:20211123100334j:image

手作り感満載の記念ボードも、秋仕様。

f:id:masa-tetsudo:20211123101816j:image

「東栄駅」を発車した秘境駅号。車内では乗車記念グッズが配られました。カードサイズの記念乗車証、乗務員さん手作りのしおり、そして小和田駅がデザインされたマスクケース。

f:id:masa-tetsudo:20211123101905j:image

車掌さんにかわいいスタンプを押してもらいました。旅の記念に。

中部天竜駅では、沿線の小学校からのお手振りが。児童が登校してくる平日だけのサプライズ!
f:id:masa-tetsudo:20211123101830j:image

「佐久間駅」では、2009年に閉館した「佐久間レールパーク」へ行く特別列車のヘッドマークがこちらを向いていました。奇跡的に写真が撮れた!

秘境駅号の見所のひとつ、渡りそうで渡らないS字鉄橋こと、第六水窪川橋梁をゆっくり通過。本来ならトンネルで抜けるところを軟弱な地盤で掘削を断念し、避けるように鉄橋が架けられたのです。
f:id:masa-tetsudo:20211123101813j:image

秘境駅号は「大嵐駅」に到着。秘境駅ランキングはランク外。
f:id:masa-tetsudo:20211123101823j:image

トンネルとトンネルの間に挟まれた駅。
f:id:masa-tetsudo:20211123101807j:image

駅舎は東京駅をモチーフにして建てられたのだそう。
f:id:masa-tetsudo:20211123101820j:image

紅葉はちょうど見頃のよう。
f:id:masa-tetsudo:20211123101810j:image

駅からすぐ近くにある橋へ。
f:id:masa-tetsudo:20211123101827j:image

霧がかった川面と紅葉が幻想的。これも雨の秘境駅号ならではの光景。

THE秘境駅 雨に濡れる小和田駅

f:id:masa-tetsudo:20211123103317j:image

数ある秘境駅の中でも全国的にも名高い「小和田駅」に到着。2021年の秘境駅ランキングは第3位で、飯田線の中で1番上位で、まさに"THE 秘境駅"。
f:id:masa-tetsudo:20211123103306j:image

雨に濡れる木造駅舎。
f:id:masa-tetsudo:20211123103302j:image

なぜか駅舎の前にはバイクの残骸。秘境駅感があります。
f:id:masa-tetsudo:20211123103309j:image

「小和田駅」では20分の停車時間があるので、駅周辺を散策します。ただ秘境駅を巡るだけでなく、駅周辺の散策も効率よくできるのが「飯田線秘境駅号」の魅力のひとつ。
f:id:masa-tetsudo:20211123103340j:image

滑りやすい階段をゆっくりと下って行きます。f:id:masa-tetsudo:20211123103336j:image

鉄道ファンの間では有名なミゼットの残骸。

f:id:masa-tetsudo:20211123104528j:image

茂みの向こうにもありました。
f:id:masa-tetsudo:20211123103323j:image

かつて人が住んでいた廃屋。
f:id:masa-tetsudo:20211123103327j:image
f:id:masa-tetsudo:20211123103332j:image
f:id:masa-tetsudo:20211123103343j:image

しっとりと雨に濡れた姿と紅葉は、とても絵になる光景でした。

f:id:masa-tetsudo:20211123104840j:image

駅名の由来が気になる「中井侍駅」。2021年の秘境駅ランキングは第10位。
f:id:masa-tetsudo:20211123104857j:image

ぐいーんとカーブする途中にある駅。右も左も断崖絶壁。
f:id:masa-tetsudo:20211123104853j:image

コンクリートに生えた苔が雨に濡れてきれい!
f:id:masa-tetsudo:20211123104843j:image

「中井侍駅」周辺は、幻とも言われる中井侍銘茶の産地。駅を挟んだ崖には茶畑が広がっています。
f:id:masa-tetsudo:20211123104850j:image

本来なら茶畑が見えるそうですが、あいにく雨で霞がかっていました。

f:id:masa-tetsudo:20211123105429j:image

「伊那小沢駅」は2021年の秘境駅ランキング第62位。
f:id:masa-tetsudo:20211123105423j:image

川に架かるコンクリート橋。霧で霞む山々にはうっすら紅葉が。
f:id:masa-tetsudo:20211123105432j:image

ここまで雨による空転と反対列車の遅延で遅れ気味だったので、慌ただしく観光。先を急ぎます。

秘境の中の大都会で小休止

f:id:masa-tetsudo:20211123105417j:image

秘境駅号は秘境の中の大都会、天龍村の「平岡駅」に到着。たっぷり40分停車する間に、なんと急行なのに普通列車に抜かれます。
f:id:masa-tetsudo:20211123105439j:image

駅前からは大声で呼び込みが!地元の皆さんによる物産品の販売が盛大に行われています!
f:id:masa-tetsudo:20211123105426j:image

f:id:masa-tetsudo:20211123105435j:image

雨の中ですが、駅前の会場は大盛況。
f:id:masa-tetsudo:20211123105412j:image

こちらは乗務員さん手作りの顔はめパネル。記念写真にぜひ。

f:id:masa-tetsudo:20211123105415j:image

さっき降りた「中井侍駅」で採れた幻の中井侍銘茶と"ていざなす"のフライを買ってきました。"ていざなす"は天龍村の特産品。水分をたっぷり含んでいてとってもジューシー!甘くて美味しい!雨に濡れて寒かったので、温かいお茶で暖まりました。
f:id:masa-tetsudo:20211123105420j:image

雨が強くなってきましたが、秘境駅号は先へ進みます。

幻想的な秋雨の秘境駅

f:id:masa-tetsudo:20211123110842j:image

2021年の秘境駅ランキング第13位の「為栗駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20211123110839j:image

駅前に架かる吊り橋が、紅葉ととってもマッチ。
f:id:masa-tetsudo:20211123110829j:image

霧に包まれた山々と、その向こうに見える紅葉がとても幻想的です。
f:id:masa-tetsudo:20211123110825j:image

「田本駅」に到着。2021年の秘境駅ランキングは第5位。トンネルとトンネルそして絶壁に挟まれた、まさに秘境駅のフルコンボ。
f:id:masa-tetsudo:20211123110846j:image

トンネルの上から望む景色を目指して、急な階段を登ります。
f:id:masa-tetsudo:20211123110822j:image

「田本駅」がいかに険しい場所にあるかが、よくわかります。本来なら絶景が広がるはずでしたが、あいにく霧に包まれていました。残念。

飯田線のパワースポット

f:id:masa-tetsudo:20211123111740j:image

ここからは、ありがたい駅名が続きます。まずは秘境駅ランキング第6位の「金野駅」。
f:id:masa-tetsudo:20211123111734j:image

駅名板に触ると、金運がアップするとか!?
f:id:masa-tetsudo:20211123111744j:image
f:id:masa-tetsudo:20211123111757j:image

静寂に包まれた駅前。きれいに色づいた木々だけが、そこにはありました。
f:id:masa-tetsudo:20211123111804j:image

続いて「千代駅」。2021年の秘境駅ランキング第20位。
f:id:masa-tetsudo:20211123111747j:image

こちらは長寿にご利益がありそう。ちなみに「千代」と「金野」を早口で読むと「ちょきん」に聞こえる!?とにかく飯田線1番のパワースポットです。f:id:masa-tetsudo:20211123111750j:image

秘境駅巡りは「千代駅」で最後。天竜川下りの入口「天竜峡駅」を出ると、さっきまでの秘境区間が嘘みたいな市街地へ。「飯田線秘境駅号」は約10分遅れて終着「飯田駅」に到着。

f:id:masa-tetsudo:20211123111800j:image

ここでも大勢のスタッフさんのお出迎えで、旅の締めくくり。
f:id:masa-tetsudo:20211123111754j:image

りんごのように真っ赤に染まる「飯田駅」の駅舎。秋雨に濡れる秘境駅はどこも幻想的で、紅葉の美しさも相まって素晴らしい光景でした。願わくば、次回は晴れの秘境駅号に乗りたいですが。

5時間40分の乗車時間は数ある観光列車の中でも随一の長さです。しかし、乗ったり降りたり見所満載なので、最後まで飽きることなく楽しめました。皆さんもぜひ「飯田線秘境駅号」に乗車してみては!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

1日1回のバナークリックにご協力をお願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ

関連リンク

関連記事

JR東海の「飯田線秘境駅号」|秘境駅を堪能する5時間40分の旅 - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

JR東海・飯田線と中央本線旧線|秘境区間から伊那谷へ[旅行記] - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

小田急 GSE 全線走破ツアー(2022年1月4日) - 鉄道コム

岳南電車 クリスマストレイン 運転(2021年11月17日~) - 鉄道コム

京成 3100形千葉線・千原線入線ツアー(2021年12月12日) - 鉄道コム

能勢電鉄 5100系 電車運転体験会(2021年12月11日) - 鉄道コム

秩父鉄道 第3回 ダイヤ作成教室(ツアー)(2021年12月25日) - 鉄道コム