マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

大井川鐵道ずらし旅|奥大井湖上駅とSLかわね路号に乗車[旅行記]

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20210531164517j:image

コロナ禍の中注目を集める『ずらし旅』を大井川鐵道で。今回は朝の南アルプスあぷとラインに乗って奥大井湖上駅、復路の「SLかわね路号」に乗車。比較的空いている時間帯を狙って『ずらし旅』してきました!

*2021年5月の情報を基に作成しています

早朝発の電車で千頭へ

f:id:masa-tetsudo:20210531135208j:image

JR東海道線と接続する「金谷駅」から旅はスタート。
f:id:masa-tetsudo:20210531135203j:image

駅員さんに「奥大井湖上駅まで往復」と伝えると、周遊きっぷの方がお得だと教えてくれました。嬉しい心遣い。
f:id:masa-tetsudo:20210531135213j:image

乗車するのは金谷7時47分発の千頭行き。車両は元南海で「ズームカー」と呼ばれた21000系。
f:id:masa-tetsudo:20210531135241j:image

f:id:masa-tetsudo:20210531135158j:image

少ないながら観光客もいますが、1車両5~6人と空いていました。
f:id:masa-tetsudo:20210531135244j:image

日切駅の次は「合格駅」「門出駅」と縁起の良い駅名が続きます。
f:id:masa-tetsudo:20210531135247j:image

これは2020年11月の門出駅開業に伴い、五和駅から改称されたもの。縁起にあやかりたいと多くの受験生が訪れたそうです。
f:id:masa-tetsudo:20210531135221j:image

新緑の中を走る列車。
f:id:masa-tetsudo:20210531135237j:image

たくさんの信楽焼のたぬきが並ぶ「福用駅」。SLなら通過するだけですが、普通列車ならゆっくり見られます。
f:id:masa-tetsudo:20210531135230j:image

やがて車窓には雄大な大井川。
f:id:masa-tetsudo:20210531135233j:image

旧型客車の旅もいいですが、レトロな電車に揺られて眺める大井川も、また素敵です。
f:id:masa-tetsudo:20210531135225j:image

金谷から約1時間15分で「千頭駅」に到着。

山岳地帯をゆく南アルプスあぷとライン

f:id:masa-tetsudo:20210531141815j:image

12分の待ち合わせで、今度は9時13分発の南アルプスあぷとライン井川行きに乗車します。
www.masatetsudo.com
f:id:masa-tetsudo:20210531141826j:image

客車4両だけど、1両に数人程度。
f:id:masa-tetsudo:20210531141840j:image

山間部を走るため勾配やカーブの連続。車輪の軋む音を響かせながら、列車はゆっくりと山を登って行きます。
f:id:masa-tetsudo:20210531141849j:image

f:id:masa-tetsudo:20210531141844j:image

今年は例年より早い梅雨入りでしたが、この日は梅雨の中休み。いい天気!
f:id:masa-tetsudo:20210531141821j:image

大井川ともうひとつ、目を惹くのが茶畑。そろそろ茶摘みの頃でしょうか。

f:id:masa-tetsudo:20210531150539j:image

「アプトいちしろ駅」に到着した列車は、ここで後部にアプト式電気機関車を連結。
f:id:masa-tetsudo:20210531150523j:image

強力なパワーを持つ電気機関車は車体もビック!奥に見える客車と比べるとサイズの違いがよくわかると思います。
f:id:masa-tetsudo:20210531150527j:image

日本で唯一のアプト区間を走る列車。最大勾配は90‰。
f:id:masa-tetsudo:20210531150534j:image

眼下には「長島ダム」が見えてきました!すごい!デカい!

f:id:masa-tetsudo:20210531151154j:image

「長島ダム駅」に到着。ここでアプト式電気機関車とはお別れ。
f:id:masa-tetsudo:20210531151141j:image

トンネルを抜け、長島ダムのダム湖であ「接岨湖」が眼下に広がります。
f:id:masa-tetsudo:20210531151146j:image

東京のレインボーブリッジより早く命名された「奥大井レインボーブリッジ」を渡ると、今回のずらし旅の目的地「奥大井湖上駅」に到着します。

絶景の奥大井湖上駅


f:id:masa-tetsudo:20210531151131j:image

10時18分。列車は「奥大井湖上駅」に到着。この時間なら観光客はまばら。ゆっくり過ごせそう!
f:id:masa-tetsudo:20210531151150j:image

井川へと行く列車を見送ります。
f:id:masa-tetsudo:20210531151136j:image

帰りは12時12分発に乗車するので滞在時間は約2時間。まずは、奥大井湖上駅を眼下に見渡せるビュースポットを目指します!

f:id:masa-tetsudo:20210531151910j:image

湖に囲まれた「奥大井湖上駅」から対岸へ渡る手段は、鉄橋沿いに設けられた歩道のみ。線路は目と鼻の先。列車が通る時は大迫力でしょうね。
f:id:masa-tetsudo:20210531151934j:image

安全を見張る風速計。
f:id:masa-tetsudo:20210531151944j:image

トンネルの前に立ちはだかる階段。
f:id:masa-tetsudo:20210531151939j:image

急な鉄階段を登っていきます。
f:id:masa-tetsudo:20210531151920j:image

階段の途中で後ろを振り返ると、さっき渡ってきた鉄橋が眼下に。
f:id:masa-tetsudo:20210531151916j:image

f:id:masa-tetsudo:20210531151929j:image

この先も急な階段と登り坂が。ここを登りきらないと、ビュースポットには辿り着かない…

f:id:masa-tetsudo:20210531151925j:image

「奥大井湖上駅」がひたすら登って約15分。ようやく上までたどり着きました。ヘトヘトの私を待っていたのは…

f:id:masa-tetsudo:20210531152721j:image

おぉー!素晴らしい景色!あまりの美しさにしばらく言葉を失ってしまいました。

f:id:masa-tetsudo:20210531153756j:image

巨大な接岨湖にぽつんと佇む半島が、奥大井湖上駅です。

f:id:masa-tetsudo:20210531153250j:image

先ほど渡ってきたレインボーブリッジ。
f:id:masa-tetsudo:20210531152734j:image

接岨湖を囲む山々。秋には紅葉が美しいことでしょう。

f:id:masa-tetsudo:20210531153728j:image

名残惜しいですが、そろそろ「奥大井湖上駅」へ戻りたいと思います。

土日限定の湖上駅cafe

f:id:masa-tetsudo:20210531154324j:image

再び「奥大井湖上駅」へと戻ってきました。

f:id:masa-tetsudo:20210531154051j:image

ホームには「Cafe OPEN」と書かれた看板が。
f:id:masa-tetsudo:20210531154041j:image

駅を見下ろす展望コテージには、土日限定でカフェがオープンしているのです。
f:id:masa-tetsudo:20210531154046j:image

次の列車まで、残りの時間はカフェでゆっくり過ごしたいと思います。

f:id:masa-tetsudo:20210531154805j:image
f:id:masa-tetsudo:20210531154758j:image

その名も「湖上駅cafe」。

f:id:masa-tetsudo:20210531155217j:image

1階のテラスにはハンモック。楽しそう!
f:id:masa-tetsudo:20210531154055j:image

私はコテージ2階のテラス席で過ごすとします。鳥のさえずり、心地よい風、自然を満喫できる空間。気持ちいい!

f:id:masa-tetsudo:20210531155136j:image

「蒼い湖上カレー」が気になりますが、この後食事の予定があるのでグッと我慢。
f:id:masa-tetsudo:20210531155127j:image

オリジナルコーヒーと抹茶のジェラート。
f:id:masa-tetsudo:20210531155131j:image

抹茶の味がとっても濃厚!山を登ってきたので、火照った体に冷たいジェラートが沁みます。
f:id:masa-tetsudo:20210531155150j:image

のんびりしていると、千頭を10時20分に発車した列車が到着。そろそろ観光にはいい時間。この列車からも多くの観光客が駅へと降り立ちました。

f:id:masa-tetsudo:20210531155916j:image

さて、そろそろ帰りの列車の時間。12時12分発に乗車し、千頭へと戻ります。ビュースポットまで登ってカフェで休憩して、約2時間の滞在時間はちょうどいい感じでした。

千頭駅で長島ダムカレー


f:id:masa-tetsudo:20210531155919j:image

「千頭駅」に着いたのは13時15分。そろそろお腹も空いてきたので、ここでランチタイム。駅からすぐのところにある「cafeうえまる」へ。
f:id:masa-tetsudo:20210531155925j:image

全国に数あるダムカレーのひとつであり、日本ダムカレー協会のサイトでも紹介されている「長島ダムカレー」を頂きます!

f:id:masa-tetsudo:20210531174524j:image

こちらがモチーフとなった長島ダム。先ほど南アルプスあぷとラインで眺めましたね。

f:id:masa-tetsudo:20210531160227j:image

そしてこちらが「長島ダムカレー」。立派なダム!美味しそう!

f:id:masa-tetsudo:20210531160344j:image

貯水池、いやカレーを堰き止めるご飯。カレーに浮かぶベーコンは「アプト式電車」、ゆで卵は「奥大井湖上駅」をイメージ。
f:id:masa-tetsudo:20210531160220j:image

エビフライは、ダムの放水路にかかる「しぶき橋」。そして日替わりのお惣菜で自然溢れる山々を表現。こだわりがすごい!

辛いのが苦手な人でも食べやすいカレーのルー。どっしりと構えるご飯はボリュームがあります。日替わりのお惣菜には地元の食材を使っているそう。この日はなんと筍でした。どれも美味しくて大満足!

比較的空いている新金谷行きSL急行

f:id:masa-tetsudo:20210531162104j:image

大井川鐵道ずらし旅も終盤へ。
f:id:masa-tetsudo:20210531162047j:image

「千頭駅」から乗車するのは、14時55分発の「SLかわね路号」。SL急行は復路の新金谷行きの方が空いています。おそらく団体客が少ないのと、復路は普通列車に乗る乗客もいるから。
f:id:masa-tetsudo:20210531162115j:image

この日は「C11 227号機」を先頭に客車3両の編成。

f:id:masa-tetsudo:20210531162617j:image

雄大な山々をバックに出発の時を待つ蒸気機関車。何度見てもカッコいいですね。
f:id:masa-tetsudo:20210531162029j:image

機関室では発車に向けて準備が進んでいます。
f:id:masa-tetsudo:20210531162020j:image

3両の客車はいずれも昭和時代に製造された「旧型客車」と呼ばれる車両。
f:id:masa-tetsudo:20210531162051j:image

f:id:masa-tetsudo:20210531162111j:image
f:id:masa-tetsudo:20210531162024j:image

あらゆる所が木で作られたレトロな車内に、歴史の深さを感じることでしょう。
f:id:masa-tetsudo:20210531162017j:image

大井川に沿って走る「SLかわね路号」。窓を開ければ山の木々と蒸気機関車の石炭が織りなす、SLの旅ならではの香りが楽しめます。
f:id:masa-tetsudo:20210531162059j:image

前日の雨でやや濁っていますが、これも自然の姿。
f:id:masa-tetsudo:20210531162034j:image

「川根温泉笹間渡駅」に到着した列車。
f:id:masa-tetsudo:20210531162055j:image

鉄橋から見る川根温泉の露天風呂。今日も生まれたままの姿をした皆さんが、手を振ってくれていました。
f:id:masa-tetsudo:20210531162043j:image

「家山駅」に到着。反対列車と行き違いのため、数分の停車時間。
f:id:masa-tetsudo:20210531162107j:image

機関士さんの後ろ姿がカッコいい。
f:id:masa-tetsudo:20210531162006j:image

新金谷へ向けていよいよラストスパート。
f:id:masa-tetsudo:20210531162120j:image

川を囲む視界が開けてくるとやがて金谷の町中へ。
f:id:masa-tetsudo:20210531162040j:image

16時11分。「SLかわね路号」は終点の「新金谷駅」に到着しました。

f:id:masa-tetsudo:20210531164750j:image

最後はSL急行に連絡する普通列車に乗って「金谷駅」へと戻ります。車両は元近鉄の12200系。特急車両なだけあって車内もゴージャス。
f:id:masa-tetsudo:20210531164755j:image

という事で今回は、朝早い時間を狙った大井川鐵道ずらし旅を楽しみました。

他にも大井川鐵道では期間限定で午後から終列車まで使える「ごこゆるきっぷ」があり、午後から混雑を避けつつお得に旅が楽しめるきっぷを発売しています。自然いっぱいの大井川鐵道で『ずらし旅』を楽しんでみては?

関連記事

関連リンク

大井川鐵道の「南アルプスあぷとライン」|日本で唯一のアプト式鉄道 - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

愛知環状鉄道 土日に乗ろう1dayパス 発売(2021年6月5日~) - 鉄道コム

特急 フラノラベンダーエクスプレス 運転(2021年7月1日) - 鉄道コム

長野電鉄 A特急列車 指定席 設定(2021年7月1日~) - 鉄道コム

名鉄 7000系パノラマカー60th記念乗車券・入場券 発売(2021年6月5日~) - 鉄道コム

秩父鉄道 SLちちぶブルーベリーエクスプレス 運転(2021年6月19日) - 鉄道コム

大井川鐵道公式サイト

oigawa-railway.co.jp