マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

大井川鐵道の「ELかわね路 新春開運号」2022|三が日限定!干支のヘッドマークを付けたEL急行

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20220106152326j:image

正月三が日だけ走り、その年の干支のヘッドマークを付けた、毎年恒例の特別列車。大井川鐵道の「ELかわね路 新春開運号」に乗ってきました!

*2022年1月の情報を基に作成しています

虎のヘッドマークを掲げた2022年の新春開運号

f:id:masa-tetsudo:20220106145325j:image

2022年元旦の「新金谷駅」。毎年SL急行に干支のヘッドマークを付けて走る新春開運号ですが、2022年は年末年始に「SLトーマス」が運行されているので、EL急行が担当。

f:id:masa-tetsudo:20220106145413j:image

先頭に掲げられた、今年の干支である"虎"をデザインしたヘッドマーク。武骨な電気機関車にポップでかわいいヘッドマークが、いい意味でアンバランス。

f:id:masa-tetsudo:20220106150446j:image

f:id:masa-tetsudo:20220106145254j:image

牽引機は「E101」。1949(昭和24)年生まれ、今年で73歳。SLの影に隠れがちのELですが、実はSLと肩を並べるほど古くて貴重な機関車なのです。
f:id:masa-tetsudo:20220106145351j:image

f:id:masa-tetsudo:20220106150957j:image

今日の客車は4両編成。では、車内へ。
f:id:masa-tetsudo:20220106145337j:image

おぉー!レトロ!
f:id:masa-tetsudo:20220106145313j:image

機関車よりも古く、昭和10年~20年代にかけて活躍した形式だそう。
f:id:masa-tetsudo:20220106145401j:image
f:id:masa-tetsudo:20220106145333j:image

座席、壁、床と至る所が木製。博物館に展示されていてもおかしくない、骨董品のような客車が今でも現役とは、感激です!

新春開運号限定のレア硬券

f:id:masa-tetsudo:20220106145329j:image

2022年最初の「ELかわね路号」は「新金谷駅」を発車。
f:id:masa-tetsudo:20220106145318j:image

車内で配られたのは、乗車記念の硬券。「新春開運号」の車内でしか配られないレアなもの!先ほどの、虎がかわいいヘッドマークがデザインされています。

f:id:masa-tetsudo:20220106152155j:image

f:id:masa-tetsudo:20220106152205j:image
f:id:masa-tetsudo:20220106152150j:image

今日の専務車掌さんは、初めましてのSLお兄さん。優しい語り口調でいい感じ。お兄さんの言葉を借りて「新年初大井川」「新年初茶畑」を眺めながらゆっくりと走る列車。
f:id:masa-tetsudo:20220106152145j:image

列車は"大井川第一橋梁"を通過。右側には川根温泉の露天風呂。元日から多くの裸男たちに見送られました!

きかんしゃトーマスのなかまたちがお出迎え

f:id:masa-tetsudo:20220106152321j:image

新金谷から約1時間20分。「ELかわね路 新春開運号」は終点「千頭駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20220106152922j:image

「千頭駅」で迎えてくれたのは「SLトーマス」とトーマスのなかまたち!

f:id:masa-tetsudo:20220106152918j:image

「ヒロ」と「ジェームス」奥には「パーシー」の姿も!
f:id:masa-tetsudo:20220106152936j:image

「SLトーマス」は元日から大人気!この日も往復とも満席で大盛況。ELの方は空席もあってのんびり旅を楽しめました。
f:id:masa-tetsudo:20220106152927j:image

到着した「E101」はしばらくホームで休息したあと、復路に向けて機回しを開始。一旦金谷方に移動して客車を解放。
f:id:masa-tetsudo:20220106152946j:image

機関車だけが千頭方の一番奥に移動してポイントを切替。
f:id:masa-tetsudo:20220106152941j:image

切替たポイントから隣の線路へ移動し、金谷方へ連結。このように、折返すためには複雑な手順が必要なのも、客車列車が衰退した理由のひとつなのです。

f:id:masa-tetsudo:20220106153133j:image

2023年はどんなヘッドマークが登場するのでしょうか!来年のお正月は大井川鐵道の「新春開運号」に乗車してみては!

関連リンク

関連記事

大井川鐵道の「SLかわね路号」|大井川に沿って走るSLの旅 - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

リゾートやまどり ストロベリーTochigi号(ツアー)(2022年2月11日) - 鉄道コム

特急 北びわこ号(ツアー)(2022年2月5日) - 鉄道コム

智頭急行 デジタルスタンプラリー モニターツアー(2022年1月20日) - 鉄道コム

えちごトキめき鉄道 朝から夕まで455(ツアー)(2022年2月5日) - 鉄道コム

京成 3050形 宗吾車両基地見学ツアー(2022年1月30日) - 鉄道コム

大井川鐵道公式サイト

daitetsu.jp