マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

JR四国の「伊予灘ものがたり」八幡浜編|伊予灘の穏やかな海とフランス料理の松花堂弁当

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211129172000j:image

伊予灘の美しい眺めと沿線の美味しい料理が味わえる、愛媛県の観光列車「伊予灘ものがたり」。2021年12月でラストランを迎える車両に乗って、最後の旅を楽しんできました!

*2021年11月の情報を基に作成しています

現行車両は2021年で引退

f:id:masa-tetsudo:20211129105801j:image

日中の「松山駅」から旅はスタート。
f:id:masa-tetsudo:20211129105754j:image

今回は松山13:28発の「伊予灘ものがたり 八幡浜編」に乗車します。

ミュージックホーンを奏でながら「伊予灘ものがたり」が入線してきました!

f:id:masa-tetsudo:20211129105701j:image

現在の「伊予灘ものがたり」の車両は2021年12月27日の運行がラストラン。2022年春から車両が変わり新たな「伊予灘ものがたり」がスタートします。
f:id:masa-tetsudo:20211129105710j:image

車両にはラストランヘッドマークが。
f:id:masa-tetsudo:20211129105651j:image

前と後ろで違うデザイン。書かれた言葉は「ありがとう いつまでも」。
f:id:masa-tetsudo:20211129105643j:image

車内清掃が終わり、車内へ案内が始まりました。

f:id:masa-tetsudo:20211129112915j:image

いつも人気で席が取りづらい「伊予灘ものがたり」。ラストランが近いこともあって、車内はほぼ満席でした。

門田のフレンチ松花堂弁当

f:id:masa-tetsudo:20211129113236j:image

ラストランヘッドマークを掲げた「伊予灘ものがたり」は定刻で「松山駅」を発車。

f:id:masa-tetsudo:20211129113334j:image

座席にあった記念乗車証とメニュー表。こちらもラストラン仕様。
f:id:masa-tetsudo:20211129113321j:image

ビールのラベルもラストラン仕様。愛媛県にある梅錦山川の「梅錦麦酒」で乾杯!
f:id:masa-tetsudo:20211129113242j:image

車内では、事前予約制の食事の準備がスタート。食事は4日前までにJR四国・JR九州・JR西日本・JR東日本のみどりの窓口や旅行会社等で「食事予約券」を購入する必要があります。「八幡浜編」の食事は、松山市にある「瀬戸内風仏蘭西料理店・門田」の松花堂弁当。
f:id:masa-tetsudo:20211129113314j:image

まずはスープから。「人参のクリームスープ」とありましたが、ほんのりみかんの風味も広がる華やかなスープ。
f:id:masa-tetsudo:20211129113256j:image

「瀬戸内風仏蘭西料理店・門田」の松花堂弁当が運ばれてきました!これは美味しそう!
f:id:masa-tetsudo:20211129113309j:image

愛媛県の銘柄豚・甘とろ豚を使ったパイ包み。その名の通りじわっと甘い脂が口の中でとろけます。椎茸の風味が広がるクリームソースがいいアクセント。
f:id:masa-tetsudo:20211129113249j:image

その名も「門田特製」とあるローストビーフ。肉厚、しっとり、柔らかい。噛めば噛むほど肉の旨みが広がる!これはうまい!
f:id:masa-tetsudo:20211129113303j:image

鴨の塩麹漬けのロティ。ロティとはオーブンを使って高温で焼き上げる調理法。塩麹の甘さと鴨の旨みが広がります。
f:id:masa-tetsudo:20211129113328j:image

愛媛で獲れた今が旬の真鯛。海老とともにワイン蒸しに。ほろっと身が解けるほど柔らかく、トマトクリームソースが鯛の美味しさを引き立てます。

f:id:masa-tetsudo:20211129115246j:image

こちらも愛媛県の牡蠣。牡蠣のエキスがたっぷり染み込んだ牡蠣ご飯。
f:id:masa-tetsudo:20211129113341j:image

どれも丁寧に作られた本格的なお料理ばかり。列車内にキッチンが無いので温かい料理ではないのですが、どの料理も冷えていても美味しく味わえたのはさすが。肉料理が多いためか、ボリュームもしっかりあって大満足。ビールもよく進みました。

穏やかで美しい伊予灘

f:id:masa-tetsudo:20211129133917j:image

お料理を頂いているうちに、列車は海へと近づいてきました。窓の向こうには穏やかで美しい瀬戸内海の姿が。
f:id:masa-tetsudo:20211129133837j:image

海が見える港町をいくつか通過。列車はゆっくりとしたスピードで歩みを進めます。
f:id:masa-tetsudo:20211129133820j:image

「伊予灘ものがたり」は「下灘駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20211129133909j:image

海が目の前に広がる「下灘駅」は、かつて青春18きっぷのポスターにも採用された、日本で有名な海に近い駅です。
f:id:masa-tetsudo:20211129133913j:image

ラストランヘッドマークと海。「伊予灘ものがたり」越しに広がる伊予灘の海は、絵になる美しさ。

f:id:masa-tetsudo:20211129134611j:image

この日の伊予灘は風が無くて波は穏やか。太陽と真っ青な空に照らされて濃厚なブルーに輝いていました。
f:id:masa-tetsudo:20211129133905j:image

約6分停車したのち「下灘駅」をあとに。
f:id:masa-tetsudo:20211129133812j:image

車内では食後のコーヒーを頂きながら、変わらず目の前に広がる伊予灘の海をのんびり眺める、至福の時間。
f:id:masa-tetsudo:20211129133927j:image

沿線の農園や自治体からのおみやげで、なんとみかんとじゃこ天が配られました。せっかくなので車内でみかんを。さすが愛媛のみかん!甘くて美味!

伝統工法で復元された大洲城

f:id:masa-tetsudo:20211129133846j:image

「喜多灘駅」で、伊予市から大洲市へと入ります。
f:id:masa-tetsudo:20211129133922j:image

列車は瀬戸内海と別れ、今度は肘川沿いを走ります。車窓にはのどかな里山の風景。
f:id:masa-tetsudo:20211129133833j:image

"みきゃん"のラッピング列車を横目に、列車は「伊予大洲駅」を発車。
f:id:masa-tetsudo:20211129133828j:image

しばらくすると肘川を渡る鉄橋から見えるのが、大洲城。伝統工法を用い、2004年に天守が復元されました。よーく見ると城の左側にはためく白い旗が。なんと大洲城の方が「伊予灘ものがたり」の通過に合わせて旗を振っているのだそう。すごい!
f:id:masa-tetsudo:20211129133816j:image

「伊予平野駅」で反対列車と行き違い。
f:id:masa-tetsudo:20211129133824j:image

八幡浜の手前では、ガソリンスタンドから盛大なお見送りが。

f:id:masa-tetsudo:20211129143428j:image

平日にも関わらず、沿線では本当に多くの人がこちらに向かって手を振ってくれました。地域の皆さんとのふれあいこそが、四国のものがたり列車の醍醐味です。
f:id:masa-tetsudo:20211129133841j:image

西日に照らされた「伊予灘ものがたり」は終着「八幡浜駅」に到着。引退が近づく現行車両、乗車はお早めに。そして新たな「伊予灘ものがたり」の旅も楽しみです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

1日1回のバナークリックにご協力をお願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ

関連リンク

関連記事

JR四国の「伊予灘ものがたり」大洲編|朝の伊予灘を眺めながら優雅にモーニング - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

JR四国の「伊予灘ものがたり」双海編|美しい伊予灘の眺めと特製御重の豪華ランチ - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

えちごトキめき鉄道 朝から夕まで455(ツアー)(2022年1月8日) - 鉄道コム

キハ185系 秘境駅訪問ツアー(2021年12月18日) - 鉄道コム

高崎車両センター 親子向け体験・撮影ツアー(2021年12月18日) - 鉄道コム

えちごトキめき鉄道 455系・413系 年越し夜行急行(ツアー)(2021年12月31日) - 鉄道コム

京阪 淀車庫 2200系撮影会(2021年12月18日) - 鉄道コム

伊予灘ものがたり公式サイト

iyonadamonogatari.com