マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

大牟田駅の「hara harmony coffee (ハラハーモニーコーヒー)」|懐かしの路面電車を利用したカフェ

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211117174057j:image

かつて大牟田市内を走った路面電車を利用したカフェ。JR・西鉄「大牟田駅」の「hara harmony coffee (ハラハーモニーコーヒー)」へ行ってきました!

*2021年11月の情報を基に作成しています

1975年まで大牟田市内を走った路面電車

f:id:masa-tetsudo:20211117174041j:image

福岡県大牟田市にある「大牟田駅」には、JR鹿児島本線と西鉄天神大牟田線が乗り入れます。「ハラハーモニーコーヒー」があるのは、大牟田駅西口。
f:id:masa-tetsudo:20211117174030j:image

駅前広場に鎮座する路面電車!
f:id:masa-tetsudo:20211117174037j:image

この車両は、1943年に製造された「204号」。大牟田市内線の廃線後は福岡市内線などで活躍し、1975年の廃線とともに引退。山口県光市の図書館で閲覧室として利用されていました。その後2011年に大牟田市に里帰り。2018年に今の大牟田駅前に移設されました。

f:id:masa-tetsudo:20211117175309j:image

大牟田市に路面電車が走っていたのは1927年から1952年までの25年間。炭鉱のまちとして栄えた大牟田市の足として活躍していました。「旭町」は大牟田市内線の終点の駅です。

レトロな路面電車でコーヒーとフルーツサンド

f:id:masa-tetsudo:20211117174033j:image

そんな、懐かしの路面電車を利用したカフェが「hara harmony coffee (ハラハーモニーコーヒー)」です。

f:id:masa-tetsudo:20211118122940j:image

今は自動ではない自動扉から店内、いや車内へ。
f:id:masa-tetsudo:20211117174051j:image

吊り革が下がるあたりが当時の路面電車のまま。
f:id:masa-tetsudo:20211117174117j:image

壁や床が木製でレトロ感満載。
f:id:masa-tetsudo:20211117174101j:image

照明も当時のまま。柔らかな光が車内を包みます。
f:id:masa-tetsudo:20211117174054j:image

「玉屋」はかつて福岡にあったデパート。恐らく福岡市内線を走っていた頃の広告ですね。
f:id:masa-tetsudo:20211117174120j:image

片側の運転席は当時のままでした。マスコンを回せば今でも電車が動き出しそう。
f:id:masa-tetsudo:20211117174113j:image

「ハラハーモニーコーヒー」でおすすめなのが、サンドイッチ。中でもフルーツサンドは種類が豊富でした!
f:id:masa-tetsudo:20211117174045j:image

まずはホットコーヒーを。一杯毎にハンドドリップで淹れてくれます。苦みが少なくてスッキリした味わい。
f:id:masa-tetsudo:20211117174109j:image

サンドイッチは「ミックスサンド」をチョイスしました。バナナ・キウイ・パイナップルが入って、甘さ控えめのホイップがたっぷり!フルーツサンドの中身は季節によって変わるそうなので、何度も足を運びたくなりますね。
f:id:masa-tetsudo:20211117174026j:image

いつもとはシチュエーションが違った、レトロな路面電車で味わうコーヒーはまた格別でした。皆さんもぜひ訪れてみては!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

1日1回のバナークリックにご協力をお願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ

関連リンク

関連書籍

鉄道イベント情報

えちごトキめき鉄道 朝から夕まで455(ツアー)(2022年1月8日) - 鉄道コム

キハ185系 秘境駅訪問ツアー(2021年12月18日) - 鉄道コム

高崎車両センター 親子向け体験・撮影ツアー(2021年12月18日) - 鉄道コム

えちごトキめき鉄道 455系・413系 年越し夜行急行(ツアー)(2021年12月31日) - 鉄道コム

京阪 淀車庫 2200系撮影会(2021年12月18日) - 鉄道コム