マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

JR四国の「伊予灘ものがたり」大洲編|朝の伊予灘を眺めながら優雅にモーニング

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20210404192934j:image

愛媛県を走る「伊予灘ものがたり」は、伊予灘の穏やかな海を眺めながら愛媛の美味しい食事が楽しめる観光列車。1日4便が走る中から、今回は朝松山駅を出発する「大洲編」に乗車してきました!

ミュージックホーンを響かせながら入線


f:id:masa-tetsudo:20210404192917j:image

伊予灘のものがたりの始発駅「松山駅」から旅はスタート。松山駅は高架化工事の真っ最中。この駅舎との別れの日も近づいてきました。
f:id:masa-tetsudo:20210404192926j:image

さて今回乗車するのは、4便ある「伊予灘ものがたり」のうち、朝「松山駅」を出発し「伊予大洲駅」まで走る「伊予灘ものがたり 大洲編」。

ミュージックホーンを響かせながらゆっくりと入線してきました!この音楽、すごく素敵!

f:id:masa-tetsudo:20210404193102j:image

扉が開き、アテンダントさんがお出迎え。

f:id:masa-tetsudo:20210404193308j:image

ホームにはマットが敷かれ、特別感が増します。では車内へ。
f:id:masa-tetsudo:20210404193123j:image

おぉー!素敵な空間!
f:id:masa-tetsudo:20210404193159j:image

座席はふかふかのソファー。大きなクッションもあって、長時間でも疲れる事なく過ごせそうです。
f:id:masa-tetsudo:20210404193145j:image

一部は窓に向いたカウンター席になっています。お一人様でも乗車しやすいですね。

f:id:masa-tetsudo:20210404195034j:image

赤い暖簾をくぐり隣の車両へ。

f:id:masa-tetsudo:20210404193230j:image

こちらはソファーではなく、畳敷の上に座椅子のような座席のスタイル。和テイストな感じがいいですね。
f:id:masa-tetsudo:20210404193119j:image

車内にあるダイニングカウンター。ただし食事やドリンクのオーダーは、カウンターに出向く事なく座席でアテンダントさんにオーダーできます。

f:id:masa-tetsudo:20210404193414j:image

車内の装飾も素敵。
f:id:masa-tetsudo:20210404193444j:image

みきゃんちゃん!
f:id:masa-tetsudo:20210404193403j:image

春の季節だったので、桜が可愛くあしらわれていました。

f:id:masa-tetsudo:20210404193436j:image

お手洗いの隣にある洗面台が豪華でびっくり!愛媛県砥部町の砥部焼が使われているそう。

お花畑みたい!華やかな朝食プレート


f:id:masa-tetsudo:20210404193426j:image

松山駅のスタッフさんのお見送りを受けながら「伊予灘ものがたり」はゆっくりと「松山駅」を発車。

f:id:masa-tetsudo:20210404193608j:image

車窓には坊っちゃんスタジアム。
f:id:masa-tetsudo:20210404193654j:image

特急形のキハ185系を改造した普通列車と交換。
f:id:masa-tetsudo:20210404193615j:image

のどかな景色の向こうに、チラリと海が見えてきました!
f:id:masa-tetsudo:20210404193621j:image

その頃車内ではお待ちかね、食事の配膳がスタート。「大洲編」の食事は、松山駅近くにある「ヨーヨーキッチン!」のモーニングプレート。

食事は4日前までにJR四国・JR九州・JR西日本・JR東日本のみどりの窓口や旅行会社等で「食事予約券」を購入する必要があります。
f:id:masa-tetsudo:20210404193632j:image

おぉー!すごい!お花畑みたい!
f:id:masa-tetsudo:20210404193646j:image

愛媛県産の小麦を使用した、よもぎの風味が広がるキューブパン。上にはクリームコロッケと苺が添えられたあんバターをトッピング。クリームコロッケの中には春に産卵期を迎える桜鯛がたっぷり入り、他にはない和風テイストな味わい。
f:id:masa-tetsudo:20210404193639j:image

春野菜が入ったポトフはちゃんと温かくて、外で冷えたカラダもポカポカです。
f:id:masa-tetsudo:20210404193553j:image

彩り華やかに盛り付けされたサラダ。鰆のパン粉焼きや竹の子と椎茸のソテーなど春らしいおかずも添えられてボリュームたっぷり。
f:id:masa-tetsudo:20210404193626j:image

食後は温かいコーヒーを。朝から豪華なモーニングを頂くことができました。
f:id:masa-tetsudo:20210404193600j:image

そして何より、窓の向こうはこの景色!伊予灘の穏やかで美しい海が目の前に広がります。

海が目の前に広がる下灘駅

f:id:masa-tetsudo:20210404194524j:image

「伊予灘ものがたり」は「下灘駅」に到着。ここでは約8分の停車時間。

f:id:masa-tetsudo:20210404194004j:image

駅に降りれば目の前に伊予灘の美しい海が広がります。その絶景は、青春18きっぷのポスターやドラマのシーンで登場したほど。
f:id:masa-tetsudo:20210404194534j:image

f:id:masa-tetsudo:20210409232059j:image

「伊予灘ものがたり」に乗車している人だけでなく車でやってきた人もいて、小さな無人駅は多くの人で賑わっていました。
f:id:masa-tetsudo:20210404194530j:image

f:id:masa-tetsudo:20210404193917j:image

伊予灘ものがたりと伊予灘。ボディカラーにイメージされた、夕日が沈みゆく下灘駅にもいつか訪れてみたいですね。
f:id:masa-tetsudo:20210404193906j:image

下灘駅を後にする、伊予灘ものがたり。
f:id:masa-tetsudo:20210404193857j:image

車窓には港町。
f:id:masa-tetsudo:20210404194019j:image

去りゆく海岸線。

f:id:masa-tetsudo:20210404194014j:image

串駅を通過するとまもなくやってくる鉄橋。波打ち際が真下に迫って、まるで海の上を走っているみたい!

喜多灘駅でお花見停車

f:id:masa-tetsudo:20210404194034j:image

f:id:masa-tetsudo:20210411142007j:image

初春の頃に乗車したので車窓には桜や菜の花など、春のきれいな花々を楽しむ事ができました。

f:id:masa-tetsudo:20210404194335j:image

中でも普段は通過する「喜多灘駅」ですが、なんと特別に停車!駅に降りて桜を楽しむ事に!
f:id:masa-tetsudo:20210404194351j:image

見事な桜の咲きっぷりに感激!
f:id:masa-tetsudo:20210404194341j:image

伊予灘ものがたりと桜。今しか見られないコラボレーション。
f:id:masa-tetsudo:20210404194209j:image

満開とまではいかずとも、木によってはこのように花がぎっしりと咲いていました。
f:id:masa-tetsudo:20210404194227j:image

束の間のお花見タイムで気持ちも華やかに。
f:id:masa-tetsudo:20210404194219j:image

「喜多灘駅」で伊予市から大洲市へと入り、再びゆっくりと走り出します。

広大な海から穏やかな川へ

f:id:masa-tetsudo:20210404194945j:image

ここまで絶景を楽しませてくれた伊予灘の海。
f:id:masa-tetsudo:20210404194858j:image

景色はこれから、広大な海から穏やかな川へと移り変わります。
f:id:masa-tetsudo:20210404194848j:image

窓の向こうに見えてきたのは長浜大橋、通称赤橋。大きな船を通すために道路が跳ね上がる道路可動橋で、日本最古のものなのだそう。
f:id:masa-tetsudo:20210404194841j:image

川の向こう岸にも桜が。
f:id:masa-tetsudo:20210404194800j:image

「伊予灘ものがたり」は、肱川の穏やかな川の流れのように、ゆったりと走ります。
f:id:masa-tetsudo:20210404194928j:image

やがてのどかな田園風景へ。 

地域の人たちとのふれあい

f:id:masa-tetsudo:20210404194949j:image

「伊予灘ものがたり」は「五郎駅」へ。駅周辺にタヌキが現れる、という事でなんと「たぬき駅長」さんが私たちをお出迎え!
f:id:masa-tetsudo:20210404194824j:image

他にもいろんな場所から地域の人が手を振り、振りかえしたり。

窓越しなんだけど、地域の人たちとふれあえるこの感じがすごく楽しくて、より強く旅の思い出に残るのです。
f:id:masa-tetsudo:20210404194831j:image

松山から3時間、伊予灘ものがたりは終点「伊予大洲駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20210404194919j:image

ホームでは甲冑姿の武士がお出迎え。
f:id:masa-tetsudo:20210404194809j:image

跨線橋に上がると、向こうに「伊予大洲城」が見えます。伊予灘ものがたりに乗車したあとは、大洲城やその城下町の散策に出かけるのも良いでしょう。

f:id:masa-tetsudo:20210410104957j:image

先日「伊予灘ものがたり」が2021年12月をもって引退し、2022年春にキハ185系による二代目「伊予灘ものがたり」が登場することが発表されました。旅の内容についても大きくリニューアルされるよう。キロ47形「伊予灘ものがたり」のラストランイヤーに、皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか!

関連リンク

関連記事

<JR四国>~長い間、応援ありがとうございました!~多くの方にご利用いただいた初代伊予灘ものがたりが12月で引退し、新たな伊予灘ものがたりが来春誕生します! 

リンク

関連書籍

鉄道イベント情報(鉄道コム)

京都鉄道博物館 8620形・旧型客車 車両展示

嵯峨野観光鉄道 開業30周年記念グッズなど 販売

岳南電車 子ども向け鉄道体験イベント

上越線スタンプラリー

伊予灘ものがたりホームページ

iyonadamonogatari.com