マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【愛ある伊予灘線を旅する】JR四国の「伊予灘ものがたり」に乗ってきました!

鉄道コム

愛媛県の松山〜伊予大洲・八幡浜間を走る、JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」に乗ってきました! 

 

愛ある伊予灘線を走る4つの旅

旅の始まりは愛媛県の県都松山の玄関口、JR「松山駅」から。

JR四国の特急ネットワークの拠点のひとつでもある松山駅。瀬戸大橋を渡り岡山へ、さらに新幹線に連絡し全国へとつながる「しおかぜ」や、愛媛県南部の宇和島とを結ぶ「宇和海」が1時間毎に発車します。

これから乗る「伊予灘ものがたり」が走るのは「予讃線(伊予長浜経由)」のルート、通称『愛ある伊予灘線』。
バイパスルートとなる内子経由の予讃線(内子線)の開通で、普通列車が数本走るのみとなったローカル線を走ります。


「伊予灘ものがたり」は土日祝日を中心に1日4便運行され、それぞれ
「大洲編」(伊予大洲行・下り)
「双海編」(伊予大洲発・上り)
「八幡浜編」(八幡浜行・下り)
「道後編」(八幡浜発・上り)

の名称が付けられています。

今回は松山8:25発伊予大洲行「大洲編」と、折返し伊予大洲発松山行「双海編」に乗車します。

レトロでモダンな空間に改装されたキハ47

伊予灘ものがたりが入線してきました!皆さん一斉にカメラを向けます。

2両編成ですが、どちらもカラーが異なるのがポイント。1号車は夕日を連想させる「茜色」。

2号車は太陽や柑橘類の輝きを表す「黄金色」。種車となった「キハ47形」の面影はありますが、とってもオシャレな色合いです。

各扉では客室乗務員さんがお出迎え。

1号車は落ち着いた和テイストな装い。ソファー席だけでなく、座椅子の畳席があるのが特徴。

2号車はモダンスタイルの明るいインテリア。

また2号車には『ダイニングバー』があり、こちらで食事の用意がされていました。

洗面台は「砥部焼」なんだって。すごい!

8時25分、伊予灘ものがたりは定刻に発車。駅員の皆さんのお見送り。

さらに発車後すぐの車庫からも乗務員さん達のお見送りが。これには感激しました!

実際に乗って感じた!伊予灘ものがたり『3つの魅力』

f:id:masa-tetsudo:20200516092615j:plain


伊予灘ものがたりに乗って感じたのが『3つの魅力』。今回はその『3つの魅力』を中心に、伊予灘ものがたりの楽しさをご紹介したいと思います。

 

【1つ目】美しい海を眺めながら頂くお料理

伊予灘ものがたりの魅力。ひとつめは、お食事!
指定席券購入後に事前予約が必要で、メニューの内容は便ごとに異なります。

私が乗車した『大洲編』は朝出発という事で、松山市にある「ヨーヨーキッチン!」さん提供のモーニングプレート。

【キューブパンでモーニングプレート】
◯ぱんやさんRinより愛媛県産小麦「せときらら」使用
「黒胡麻キューブパンでさつま芋のきんぴさサンド」
◯契約農家ナチュラルファームenさんより
無農薬野菜を使用した新鮮生野菜サラダ
ヨーヨーキッチン!自家製玉ねぎドレッシング
◯ロールキャベツの味噌クリーム煮込み
◯天然鯛と冬野菜のグリル 黒糖パンのミガス添えて 桜味噌の柚子風味ソース
◯すりおろし人参とほうれん草の厚焼き玉子
◯愛媛のみかん
◯ホットコーヒー

美味しいお食事を頂いていると、いつの間にか車窓には海。
美しい海を眺めながら頂く料理は、美味しさも格段に上がりますね。

 

【2つ目】海!伊予灘の絶景を走る

伊予灘ものがたりの魅力。2つ目は『海』。

「愛ある伊予灘線」に入ると、車窓には伊予灘の穏やかで透き通るような青い海がずーっと続きます。

『こんなに海が近い路線があったんだ』と感激。

列車は「下灘駅」に到着。あの青春18きっぷのポスターや、映画ドラマのロケにも使われた、日本一有名な海の見える駅「下灘駅」。伊予灘ものがたりは、全ての列車が下灘駅でしばらく停車します。

駅のホームから眺めた光景。もう海に手が届きそう。

伊予灘ものがたりと海。

窓の向こうにも海。

まるで海の中を走る列車。

何一つ遮るものがない瀬戸内海の眺望は、どこを切り取ってもフォトジェニックなロケーション。

「一度は降りてみたい駅」と言われる、日本一有名な海の見える駅に降り立てるのは、伊予灘ものがたりの大きな魅力ではないでしょうか。

「伊予長浜駅」を出ると海から離れ、今度は清流「肱川」沿いを走る区間へ。

緑深い山々と雄大な川の絶景が楽しめます。

肱川の河口にかかる真っ赤な橋は長浜大橋。ちなみにこの長浜大橋は、日本にある現役で動く道路開閉橋の中で最も古い橋なのだそう。

 

【3つ目】沿線のみなさんのおもてなしに感激

伊予灘ものがたりの魅力。3つ目は『沿線のみなさんのおもてなし』。

五郎駅では「たぬき駅長」さんが迎えて下さったり、大漁旗を振ってくださってたり、それだけでなく沿線の色んな場所から色んな人が列車に手を振って下さって、
『あぁー、愛媛県の人はなんていい人たちなんだろう』と本当に感謝感激でした。

楽しい旅を紡ぐ1ページに、伊予灘ものがたりに乗車してみてはいかがでしょうか。

列車DATA

「伊予灘ものがたり」
区間:松山〜伊予大洲・八幡浜
プラン:「大洲編」松山→伊予大洲「双海編」伊予大洲→松山「八幡浜編」松山→八幡浜「道後編」八幡浜→松山
運転日:土休日

iyonadamonogatari.com