マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

西日本鉄道の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO (ザレールキッチンチクゴ)」|福岡のレストランIMURIとのコラボコース

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211116161105j:image

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO (ザレールキッチンチクゴ)」と、福岡・桜坂にあるダイニングレストラン「IMURI」とのコラボ企画。わずか2日間だけの特別なコース料理を頂きました!

*2021年11月の情報を基に作成しています

1日限りの和食料理店

f:id:masa-tetsudo:20211116160818j:image

はじまりは「西鉄福岡駅」から。11時51分に発車し終点「大牟田駅」まで約2時間30分の旅です。
f:id:masa-tetsudo:20211116160850j:image

ザレールキッチンの前に用意されたフォトスポットで、出発前に記念撮影。
f:id:masa-tetsudo:20211116160835j:image

沿線の伝統工芸品をふんだんに使った車内。煌びやかすぎない空間は、まるで家のリビングに招かれたかのような落ち着いた雰囲気です。
f:id:masa-tetsudo:20211116160845j:image

さて、今回のお料理は福岡市の桜坂にある、和食とフレンチの創作料理が楽しめるダイニングレストラン「IMURI」とザレールキッチンとのコラボ。筑後の食材をふんだんに使った、2日間だけの特別なコースです。
f:id:masa-tetsudo:20211116160855j:image

ランチョンマットには、カトラリーの代わりにお箸が一膳。いつもはイタリアンな列車が、この日限りは和食料理店です。

IMURIの創作和食料理

f:id:masa-tetsudo:20211116162425j:image

出発合図の鐘が鳴り、列車はゆっくりと福岡駅を離れます。
f:id:masa-tetsudo:20211116160822j:image

まずはウェルカムドリンクから。日本酒のスパークリングで乾杯。

f:id:masa-tetsudo:20211116173544j:image

[前菜]朝倉たねよしもなか皮とオーム乳業クリームチーズのあわび入り最中・巨峰と梨と柿の白和へ・筑後茄子の焼き浸し・柳川産ひしの実のゴマ味噌和へ・八女産もものすけ蕪 自家製辛味噌添え

f:id:masa-tetsudo:20211116173521j:image

いつもならピザがのるプレートに前菜。朝倉にあるもなか屋「たねよし」の最中を使用しています。あわびとクリームチーズという、独創的な組み合わせに驚き!最中のサクッと食感にあわびの旨みは広がり、そこにクリームチーズのまろやかさがマッチしています。
f:id:masa-tetsudo:20211116173526j:image

巨峰・梨・柿と秋のフルーツが白和えに。フルーツの甘さと豆腐の風味がいい感じ。
f:id:masa-tetsudo:20211116173603j:image

茄子は柔らかくてトロトロ。上品なお出汁の風味がまたいい。
f:id:masa-tetsudo:20211116173508j:image

ひしの実とは"ひし"という水草の実で、栄養が豊富なことから"水中の落花生"とも呼ばれているそう。めずらしいカタチの実の殻はそのままお皿に。味は確かにピーナッツでした。
f:id:masa-tetsudo:20211116173553j:image

"もものすけ"は生でも美味しく食べられるサラダ蕪。食感は柔らかく、辛味噌が蕪の甘みを引き立てます。
f:id:masa-tetsudo:20211116173558j:image

お料理をいただいていると、車内に「IMURI」の料理長の姿が。この後も、一品一品料理の説明をしてくれました。
f:id:masa-tetsudo:20211116173549j:image

[蒸物]柳川「一伝」の天然うなぎの飯蒸し 餡掛け
f:id:masa-tetsudo:20211116173530j:image

柳川にあるうなぎ料理店「一伝」から取り寄せた天然うなぎが、もっちりな白米の中にかくれんぼ。和風出汁の上品な味わいの餡とともに。貴重な天然うなぎはふっくら柔らかくて絶品。
f:id:masa-tetsudo:20211116173513j:image

[魚料理]有明海産まながつお 塩麹オーブン焼き
f:id:masa-tetsudo:20211116173517j:image

有明海で獲れた、まながつお。かつおと言っても鰹とは全く違う白身のお魚。まながつおのオーブン焼き。そう、あのピザ窯で魚をオーブンしているのです。
ふっくら柔らかい身と味わいは鯛に似ている気が。緑鮮やかなニラのソースとカラスミのパウダーが、魚の旨みを引き立ててくれます。
f:id:masa-tetsudo:20211116173538j:image

添えものは栗、銀杏、舞茸。

運転士さんによるサックス生演奏

f:id:masa-tetsudo:20211116173534j:image

筑後川を渡る「ザレールキッチンチクゴ」。車窓はいつの間にか、のどかな田園風景へと変わっていました。

f:id:masa-tetsudo:20211117170732j:image

「ザレールキッチンチクゴ」は「花畑駅」に到着。しばらく停車する間、車内には今日の運転士さんの姿。手にはなんとサックス!

f:id:masa-tetsudo:20211117170742j:image

運転士さんによるサックスの生演奏!曲は「いい日旅立ち」。西鉄のサービス精神に感激です!

絶品!ピザ窯で焼いた船小屋牛のすき焼き

f:id:masa-tetsudo:20211117170545j:image

キッチンを覗くと、ちょうどメインディッシュの盛り付けの真っ最中。
f:id:masa-tetsudo:20211117170523j:image

キッチンにただようのは、ピザの小麦ではなく、お肉の香り。
f:id:masa-tetsudo:20211117170548j:image

テーブルには、筑後市の下川卵が準備されました。黄身がぷくりと新鮮な卵を溶いて、いよいよメインディッシュの登場。
f:id:masa-tetsudo:20211117170527j:image

[肉料理]筑後市船小屋牛のすき焼き 下川卵添へ
f:id:masa-tetsudo:20211117170541j:image

まずは何もつけずに肉だけを頂きます。脂が口の中でとろける。なんてうまい肉なんだ。味付けも濃すぎず甘すぎず、肉本来の美味しさが際立っています。二口目は溶いた下川卵に潜らせて。うますぎる!
f:id:masa-tetsudo:20211117170516j:image

[麺料理]茶そば
f:id:masa-tetsudo:20211117170531j:image

しっかりとコシがある茶そば。お茶の風味が口いっぱいに広がり、甘めのつゆとよく合います。f:id:masa-tetsudo:20211117170512j:image

[デザート]イムリチーズとアイスクリーム
f:id:masa-tetsudo:20211117170519j:image

生チョコレートが入った抹茶アイス。チョコレートの甘さに、抹茶の味が濃厚。チーズケーキには豆乳が入っているそうで、濃厚なんだけどさっぱりと食べられます。
f:id:masa-tetsudo:20211117170552j:image

ハーブティーを頂きながらゆったりしたいところですが、まもなく終点の大牟田。
f:id:masa-tetsudo:20211117170556j:image

「ザレールキッチンチクゴ」は終点の「大牟田駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20211117170538j:image

日本で唯一、列車の中にピザ窯を備えた「ザレールキッチンチクゴ」。魚料理や肉料理にピザ窯を活かし、どのお料理も列車の中とは思えない美味しさで大満足でした。
f:id:masa-tetsudo:20211117170534j:image

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザレールキッチンチクゴ)」は金・土・日曜日を中心に、モーニング・ランチ・ディナーの3列車が運行されています。皆さんもぜひ「ザレールキッチンチクゴ」の旅を楽しんでみては!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

1日1回のバナークリックにご協力をお願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ

関連リンク

関連記事

西日本鉄道の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO (ザレールキッチンチクゴ)」季節限定コース|ジビエ肉を使ったお料理と筑後食材のピザコース - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

京阪 淀車庫 2200系撮影会(2021年12月18日) - 鉄道コム

E653系 東北本線130周年号(ツアー)(2021年12月4日) - 鉄道コム

近鉄 ひのとり 近鉄名古屋~鳥羽間など(ツアー)(2021年12月25日) - 鉄道コム

伊予灘ものがたり 南予きずな旅(ツアー)(2021年12月3日) - 鉄道コム

上田電鉄 5200系車両撮影会2021(2021年12月11日) - 鉄道コム

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO公式サイト

www.railkitchen.jp