マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

千綿駅の「千綿食堂」|海が見える小さな駅でいただく絶品カレー

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211112184301j:image

長崎県東彼杵町にあるJR大村線「千綿駅」。大村湾が目の前に広がる駅の駅舎内にある「千綿食堂」へ。海を眺めながら絶品カレーをいただきました!

*2021年11月の情報を基に作成しています

やさしくてちからもち!YC1系

f:id:masa-tetsudo:20211112184317j:image

博多から特急に乗って約1時間50分。佐世保線と大村線が分岐する「早岐駅」で乗り換えます。

f:id:masa-tetsudo:20211115110604j:image

乗車したのは、まだ新しい「YC1系」というハイブリッド車両。
f:id:masa-tetsudo:20211112184304j:image
f:id:masa-tetsudo:20211112184306j:image

「やさしくてちからもち」の頭文字を取ってYCなんですね!
f:id:masa-tetsudo:20211112184311j:image

佐世保行き「シーサイドライナー」は早岐を発車。最初の停車駅は「ハウステンボス駅」。川の向こうにハウステンボスの建物が望めます。
f:id:masa-tetsudo:20211112184323j:image

海のすぐ目の前を走る列車。「ななつ星in九州」や、2022年秋にデビューする新しい観光列車「ふたつ星4047」もこの絶景区間を走ります。

大村湾を望む絶景ロケーション

f:id:masa-tetsudo:20211112184319j:image

早岐から約30分で「千綿駅」に到着!

f:id:masa-tetsudo:20211117114440j:image

駅のすぐそばが海!

f:id:masa-tetsudo:20211112184308j:image
f:id:masa-tetsudo:20211112190525j:image

「YC1系」と海。

f:id:masa-tetsudo:20211112190627j:image

列車が走り去り静かになったホーム。聞こえてくるのは波の音のみ。

f:id:masa-tetsudo:20211112191558j:image

九州で最も有名な海の見える駅。過去には青春18きっぷのポスターにも採用されました。
f:id:masa-tetsudo:20211112191554j:image

ホームから望む大村湾。まさに絶景です!

f:id:masa-tetsudo:20211112191027j:image

千綿駅から望む夕陽をデザインした駅名板。
f:id:masa-tetsudo:20211112191034j:image

駅舎には、国鉄書体のレトロな駅名板もありました。
f:id:masa-tetsudo:20211112190631j:image

駅舎を出て階段を上がるとこんな感じで目の前に海が広がるなんて、素晴らしい!

平成生まれのレトロ駅舎

f:id:masa-tetsudo:20211112192822j:image

駅舎を通って外へ。

f:id:masa-tetsudo:20211115105813j:image

昭和レトロな駅舎。昭和初期の建物?かと思いきや、なんと平成生まれ!1993年にかつての駅舎をイメージして作られたのだそう。危うく騙されるところだった(笑)
f:id:masa-tetsudo:20211112192838j:image

駅名板も立派。
f:id:masa-tetsudo:20211112192830j:image

これまたレトロな丸形郵便ポスト。
f:id:masa-tetsudo:20211112192825j:image

ただのベンチも、不思議と絵になる。

f:id:masa-tetsudo:20211115095438j:image

さて、再び駅舎の中へ。真ん中には大きなテーブル席、窓ぎわにはカウンター席が並びます。
f:id:masa-tetsudo:20211115095448j:image

カウンターから望む海。
f:id:masa-tetsudo:20211115095423j:image

町の掲示板。

f:id:masa-tetsudo:20211115095530j:image

「千綿駅」を走る大村線は意外と本数が多くて、1時間に2本やって来ます。

本格的なカレーが頂ける「千綿食堂」

f:id:masa-tetsudo:20211115095434j:image

あれっ?あんな所に食堂の文字が。
f:id:masa-tetsudo:20211115095441j:image

実は「千綿駅」の駅務室だった所が今は「千綿食堂」になっていて、待合室で絶品カレーが頂けるのです!

f:id:masa-tetsudo:20211115095426j:image

カレーは日替わりで1種類。この日のカレーは「スープチキンカレー」。では、いただきます!

f:id:masa-tetsudo:20211117112034j:image

とってもスパイシー!でも程よい辛さで食べやすい!鶏ひき肉や玉ねぎなど具だくさん。駅の待合室でこんなに本格的なカレーが食べられるとは、驚きです!
f:id:masa-tetsudo:20211115095445j:image

ターメリックライスに半熟卵。タンドリーチキンやクスクス、ひよこ豆など、付け合わせもいっぱい!

米倉庫をリノベーションした「ソリッソリッソ」

乗車予定の列車までまだ時間があったので、近くにあるカフェを目指してお散歩します。

f:id:masa-tetsudo:20211115101130j:image

少し離れたところから望む「千綿駅」。いかに駅と海が近いかがよくわかります。
f:id:masa-tetsudo:20211115101122j:image

「千綿駅」から海沿いを歩いて10分。目的地の建物が見えてきました。
f:id:masa-tetsudo:20211115101133j:image

「ソリッソリッソ」。
f:id:masa-tetsudo:20211115101144j:image

築40年以上の米倉庫(千綿農協第三米倉庫)をリノベーションし、地域の交流拠点として2015年にオープンしました。

f:id:masa-tetsudo:20211115101837j:image

広々とした共有スペース。
f:id:masa-tetsudo:20211115101159j:image

建物内には2つのフロアがあって、それぞれにショップが入っています。
f:id:masa-tetsudo:20211115101136j:image

その中のひとつが「ツバメコーヒー」。
f:id:masa-tetsudo:20211115101148j:image

木のぬくもりで包まれた空間。
f:id:masa-tetsudo:20211115101151j:image

ロフトからは大村湾が望めるみたい。

f:id:masa-tetsudo:20211115101140j:image
f:id:masa-tetsudo:20211115101126j:image

どこを切り取ってもおしゃれ!
f:id:masa-tetsudo:20211115101155j:image

外は寒かったので、温かいカフェラテを頂きました。
f:id:masa-tetsudo:20211115101202j:image

きれいなハート。コーヒーの香りが広がりまろやかな味わい。美味しい!

乗車券も購入できる「千綿食堂」

f:id:masa-tetsudo:20211115105721j:image

再び「千綿駅」に戻ってきました。
f:id:masa-tetsudo:20211115105732j:image

実は「千綿食堂」の方は駅員さんも兼ねていて、ここで乗車券も購入できるのです。食堂の隣にはちゃんと切符の窓口もあります!
f:id:masa-tetsudo:20211115105725j:image

帰りの切符を購入しました。
f:id:masa-tetsudo:20211115105736j:image

「千綿食堂」でホットコーヒーを頂いて、ホームのベンチでのんびり。
f:id:masa-tetsudo:20211115105728j:image

少し陽が落ちて、海がキラキラ輝いていました。

f:id:masa-tetsudo:20211117114606j:image

今度は夕陽が沈む頃に来てみたいな。

関連リンク

関連書籍

鉄道イベント情報

伊予灘ものがたり ラストランツアー(2021年12月27日) - 鉄道コム

盛岡車両センター SL検修庫 プレミアム見学会(2021年12月8日) - 鉄道コム

伊豆急行 209系無塗装 撮影会(2021年12月11日) - 鉄道コム

近鉄 つどい 中川短絡線60周年記念ツアー(2021年12月18日) - 鉄道コム

岡山電気軌道 車庫線内運転体験 開催(2021年11月28日) - 鉄道コム