マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【日本で最初の鶏めし駅弁】鳥栖駅の「かしわめし」[駅弁食べ歩き]

鉄道コム

「かしわめし弁当」は、九州の郷土料理である「鶏(かしわ)料理」の流れをくむもので、鶏の炊き込みご飯「かしわめし」を主とした弁当。郷土料理が元であるので、複数の業者が「かしわめし」の名で駅弁を発売しています。
中でも1913(大正2)年に日本で初めて「かしわめし弁当」を発売したのが鳥栖駅「中央軒」。

今回頂いたのは、大正2年の発売当時の掛け紙を再現した「復刻版かしわめし弁当」です。

通常版では樹脂製の容器のところ、復刻版は「経木の折」を使用。木の香りがなつかしい!
箸袋の「御手茂沓」の文字は「おてもと」と読むのですね!蒸気機関車のイラストも合わせてレトロ感満載です。

刻み海苔、錦糸卵、そして鶏肉煮。3色の色鮮やかな見た目はとってもきれい!

下に隠れているかしわめしは、鶏肉と鶏ガラを長時間煮込んでスープを取り、さらに醤油やみりんなどで味付けした出汁で炊いているのだそう。かしわの旨みを十二分に吸収したご飯は"うまい"の一言。
脂がのっていて見た目よりジューシーな鶏肉煮、そして錦糸卵や刻み海苔とともに口の中に入れれば、心の中は幸せな気持ちでいっぱい!

はるか昔から愛され続けてきた鳥栖駅「中央軒」の「かしわめし弁当」。永遠に、これからも大ロングセラーとして続いていって欲しいですね。

駅弁DATA

「かしわめし弁当(復刻版)」
発売駅:鳥栖駅
製造:株式会社中央軒

www.tosucci.or.jp