マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【有料試乗会】近鉄の新型名阪特急「ひのとり」にひと足早く乗ってきました!

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200509214103j:plain

3月14日にデビューした近鉄の新型名阪特急「ひのとり」の有料試乗会へ。くつろぎのアップグレードをひと足早く体感してきました!

 

貴重な有料試乗会のチケットを手に名古屋駅へ

f:id:masa-tetsudo:20200509214124j:plain

今回私が参加したのは2月8日に開催された有料試乗会。私は抽選で外れてしまったのですが、友人が貴重な2席を当ててくれました!感謝!

f:id:masa-tetsudo:20200509214152j:plain

集合場所の名古屋駅で、今日のチケットとひのとりのカッコいい紙袋をいただきホームへ。

f:id:masa-tetsudo:20200509214212j:plain

入線は9:30発の難波行き特急の後。発車が9:35なので、あまり時間はなさそう。

f:id:masa-tetsudo:20200509214233j:plain

暗闇の向こうからLED独特の真っ白な明かりが近づいてきました!

f:id:masa-tetsudo:20200509214251j:plain

来た!ひのとりだ!

f:id:masa-tetsudo:20200509214311j:plain

カッコいい!

しかしここではゆっくり外観を観察している時間は無さそうなので、早々に車内へ。

全席バックシェル付きで気兼ねなくリクライニング

f:id:masa-tetsudo:20200509214335j:plain

割り当てられた席はレギュラーシート。

f:id:masa-tetsudo:20200509214353j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509214407j:plain

全ての座席がバックシェルで覆われています。

例えば座席を倒すときでも後ろに気兼ねなく思いっきり倒すことができるのです。小心者の私にとっては画期的!

フットレスト(靴を脱いで足を置くところ)やコンセントも全席完備。新幹線だと窓側しかコンセントが付いてないですからね。

f:id:masa-tetsudo:20200509214809j:plain

あと、アーバンライナーのヘビーユーザーな私(関西出身愛知在住なので)が一番嬉しいのは、大型の背面テーブル。アーバンライナーはテーブルが小さくて、食事する時やパソコンを広げる時にとても不便だったのです。

くつろぎのアップグレード!プレミアムシートがすごい

先頭と最後部車両はプレミアムシート。今回の試乗会では先頭6号車のプレミアムシートが開放されていて自由に見学・着席ができました。

f:id:masa-tetsudo:20200509214836j:plain

階段を登って扉が開くと…

f:id:masa-tetsudo:20200509214856j:plain

高級感がすごい!展望がすごい!

f:id:masa-tetsudo:20200509215000j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509215358j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509215018j:plain

2-1列のゆったりとした配置。革張りのシート。

f:id:masa-tetsudo:20200509215057j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509215439j:plain

レギュラーシートと同じくバックシェル付きで、後ろを気にせずにリクライニング。

f:id:masa-tetsudo:20200509215122j:plain

リクライニングは手元のパネルで操作する電動式。シートヒーターや読書灯もボタンひとつ。カーテンも電動式。

f:id:masa-tetsudo:20200509215205j:plain

座席の前後の間隔は130cm。実際に座って見た体感でも、足元がすごく広いと感じました。

f:id:masa-tetsudo:20200509215244j:plain

他にも、収納式のテーブル、肘掛にはカップホルダー、コンセント完備。

f:id:masa-tetsudo:20200509215306j:plain

客席と乗務員室の仕切りはガラス張り。前面は大きな窓が2枚並ぶので、運転士の様子、前面展望どちらも最高。

f:id:masa-tetsudo:20200509215324j:plain

広々とした乗務員室。カッコいい!

挽きたてコーヒーが頂けるセルフカフェスポット

プレミアムシートがある先頭と最後部車両にあるのが「カフェスポット」。

f:id:masa-tetsudo:20200509215525j:plain

軽食や物販のほか、コーヒーサーバーでは挽きたてのコーヒーがセルフサービスで頂けます。

f:id:masa-tetsudo:20200509215546j:plain

試乗会ではコーヒーだけ提供可能だったので、早速いただきました。

f:id:masa-tetsudo:20200509215605j:plain

コンビニのコーヒーのように、その場で豆を挽いてコーヒーをいれるので、香りがとってもいいですね。

f:id:masa-tetsudo:20200509215633j:plain

コーヒーカップもひのとり専用のもの。まさに「ひのとりカフェ」です。

f:id:masa-tetsudo:20200509214152j:plain

コーヒーを頂きながら、受付で頂いた紙袋の中「何が入っているのかなー?」と思って、さっそくチェック。

f:id:masa-tetsudo:20200509220406j:plain

「ひのとり」のカタログ、記念乗車券、シール。

f:id:masa-tetsudo:20200509220458j:plain

色鉛筆とピンバッジ。

f:id:masa-tetsudo:20200509220527j:plain

 

ピンバッチがすごくカッコいい!使うのがもったいなくて、今も部屋で飾っています。

至れり尽くせりの設備

f:id:masa-tetsudo:20200509215654j:plain

各車両にあるのが、大型荷物用のロッカー。利用はなんと無料。しかも一部のロッカーはICカードが鍵の代わりになるのだそう。すごい!

f:id:masa-tetsudo:20200509215712j:plain

車内をぶらぶらしてたら、こんな感じの「ベンチスペース」がありました。パンフレットによると「気分転換のため」っだって。なんて贅沢なんでしょう!

f:id:masa-tetsudo:20200509215737j:plain

ベンチスペースに掲げられた「ひのとり」のエンブレムが、またカッコよくて。ここは人気の写真スポットになると思います、きっと!

f:id:masa-tetsudo:20200509215802j:plain

そうそう!フリースペースにあって嬉しかったのが、この「おしぼり」。近鉄特急のヘビーユーザーならわかると思いますが、近鉄特急といえば大体トイレらへんに「おしぼり」が用意されていて、自由に頂くことができるのです。新しい中に伝統もしっかり引き継がれていて、嬉しい限り。

メタリックレッドとスピード感のあるデザイン

f:id:masa-tetsudo:20200509215839j:plain

試乗会用の臨時列車なので普段の特急より長い約2時間30分の旅でしたが、車内の設備に興奮してたらあっという間に「大阪上本町駅」に到着。
営業列車では地下ホームに発着し「大阪難波駅」まで運転するので、地上の頭端式ホームに止まる「ひのとり」は貴重な姿。

折返しの試乗会まで時間があったので、今度は外観をゆっくり観察。

f:id:masa-tetsudo:20200509215901j:plain

スピード感のあるフォルム。

f:id:masa-tetsudo:20200509215918j:plain

艶感のあるメタリックレッド。

f:id:masa-tetsudo:20200509215936j:plain

翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」のシンボルマーク。

f:id:masa-tetsudo:20200509220008j:plain

記念撮影。

近鉄名阪特急は次の時代へ

f:id:masa-tetsudo:20200509220033j:plain

「くつろぎのアップグレード」が「ひのとり」のコンセプトということですが、いや本当にゆったりくつろぐ事ができる空間になっていて、今までの都市間特急にはない豪華さなのが印象的でした。

スピードでは新幹線に劣る名阪間だからこその「くつろぎ」感。確かにいつもほぼ満席の新幹線の『詰め込まれている』感に疲れを感じることは多々あったので、時間に余裕があれば「ひのとり」という選択肢も、大いに『アリ』だと思いました。