マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

[駅弁食べ歩き]小田原駅の「あぶらほうず伝説」|脂がのった深海魚

鉄道コム

小田原駅の駅弁屋さん「東華軒」謹製。「あぶらほうず伝説」という、なんとも壮大で謎なネーミングに惹かれて購入。

どーんとのった白身魚は「あぶらほうず」という深海魚。

小田原のソウルフードとも言われている深海魚のあぶらぼうず。「白身魚の大トロ」の異名をもつほど脂がのった濃厚で美味しい魚です。小田原城下では、別名「おしつけ」と呼ばれています。この魚は、見た目と油の多さゆえに殿様が御殿女中に毒見を押し付けた事からこの呼び名になったと言われています。(諸説あり) 

とにかく脂の乗り具合がすごい!!下の茶飯に脂がまわらないようにバランが敷いてあるのですが、そのバランが脂でベタベタ(笑)
でもやっぱり魚なので、胃にくるようなコッテリ感ではなく、とても上品な味わいです。身も柔らかくてふわふわ。美味しい!

「あぶらほうず」の話は、釣り好きの人から何度か聞いたことがあります。刺身にして食べるのが一番美味しいとの事ですが、脂が多すぎるため消化ができず、お腹のピーピーが大変な事になってしまうので、三切れから四切れぐらいしか食べられないそうです。
いつか食べてみたいと思っていた魚が、駅弁で食べられるとは思ってもみませんでした。改めて、駅弁って素晴らしいですね!

駅弁DATA

「あぶらほうず伝説」
発売駅:小田原駅・東京駅など
製造:株式会社東華軒

www.toukaken.co.jp