マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

姫路駅の「味づくし弁当」|兵庫の美味しいが詰まった駅弁[駅弁]

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20210305212318j:image

幕の内駅弁を日本で最初に発売したのは、姫路駅の「まねき食品」と言われています。その「まねき食品」が作る幕の内スタイルの駅弁が、今回頂いた「味づくし弁当」。

箱に描かれた国宝姫路城は、まねき食品の歴史の深さを象徴するかのよう。「ひめじのごちそうおもてなし」とあるように、兵庫県産の食材をふんだんに使用しているみたいで、自然と期待が膨らみます。

では、箱をオープン!
f:id:masa-tetsudo:20210305212314j:image

パッと見た瞬間、とても"華やか"に見えました。盛り付けがとっても丁寧なんですよね、煮物の重ね方とか、鶏肉の立体感とか。箱を開けた瞬間から美味しさが伝わってきます。
f:id:masa-tetsudo:20210305212328j:image

煮物は関西らしく、出汁が効いた優しい味わい。たこの煮物はとても柔らかく煮込まれていました。
f:id:masa-tetsudo:20210305212322j:image

おかずのメインは鶏の照り焼き。醤油の香ばしい香りが広がりご飯のお供に最適な味わい。サゴシの西京焼きも、味噌の香りがいいですね。

幕の内にありがちな殻付きの海老の代わりに「甘海老の唐揚げ」が入っています。電車の中で殻を剥く手間が省けるのは好印象、もちろん味も美味。

兵庫県の特産品のひとつ、黒豆もしっかり入っています。近年不漁が続くいかなごのくぎ煮は、残念ながら入っていませんでしたが、致し方ないですね。

兵庫県の美味しいがギュッと詰まった「味づくし弁当」は、まさに兵庫県を代表する駅弁と言っても過言ではないと思います。

駅弁DATA

「味づくし弁当」

発売駅:姫路駅

製造:まねき食品(株)

関連書籍

関連リンク

駅弁に関するつぶやき(鉄道コム)

駅弁に関するブログ(鉄道コム)