マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

JR九州の「A列車で行こう」と天草宝島ライン「シークルーズ号」|ジャズの音楽に浸りながら有明海を望む

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20210829083602j:image

ジャズの音楽に浸りながらの列車旅。有明海に沿って走る三角線をゆく観光列車「A列車で行こう」と、接続して天草を結ぶクルーザー船「シークルーズ号」に乗ってきました!

大人の雰囲気漂う列車

f:id:masa-tetsudo:20210829083804j:image

「A列車で行こう」の始発駅「熊本駅」から旅はスタート。

f:id:masa-tetsudo:20210829084011j:image

「A列車で行こう」は土日祝日を中心に1日3往復の運転。今回は、お昼ごろに熊本を発車する「A列車で行こう 3号」に乗車します。
f:id:masa-tetsudo:20210829083756j:image

ホームにはすでに「A列車で行こう」の姿が!正面は真っ黒ですが、サイドにはゴールドカラーも。シックな雰囲気がカッコいい!
f:id:masa-tetsudo:20210829083752j:image

元は四国で活躍していた「キハ185」という車両が、水戸岡鋭治氏のデザインで「A列車で行こう」に生まれ変わりました。
f:id:masa-tetsudo:20210829083748j:image
f:id:masa-tetsudo:20210829083800j:image
f:id:masa-tetsudo:20210829083745j:image

ボディのそこかしこに「A列車で行こう」のシンボルマークが散りばめられています。ちなみに列車名の「A」は「大人(ADULT)」「天草(AMAKUSA)」の頭文字から取られたのだそう。

では、車内へ。

f:id:masa-tetsudo:20210829085014j:image

おぉー!おしゃれ!車内にはジャズの演奏が流れ、落ち着いた大人な雰囲気が素敵です。

f:id:masa-tetsudo:20210829085031j:image

座席の一部はボックス席になっていて、真ん中には大きなテーブルも配置されています。グループにはぴったりですね!
f:id:masa-tetsudo:20210829085010j:image
f:id:masa-tetsudo:20210829085027j:image

小さなこだわりを発見。シートによって柄が違う!
f:id:masa-tetsudo:20210829085023j:image

ここには子ども用の座席が。大人な列車ですが、子どもが楽しめる"しかけ"も忘れてはいません。
f:id:masa-tetsudo:20210829085043j:image

木の扉を抜けると…
f:id:masa-tetsudo:20210829085035j:image

おぉー!車内におしゃれなバーがある!
f:id:masa-tetsudo:20210829085047j:image
f:id:masa-tetsudo:20210829085019j:image

ここは「A-TRAIN BAR」。

f:id:masa-tetsudo:20210829090021j:image

落ち着いた色調の木に包み込まれた空間。そしてバーカウンター。

f:id:masa-tetsudo:20210829085949j:image
f:id:masa-tetsudo:20210829085006j:image

ステンドグラスが配されたインテリア。まさに大人な空間です。

雲仙普賢岳と有明海

f:id:masa-tetsudo:20210829085039j:image

車内の探検が終わったところで「A列車で行こう」は定刻通り「熊本駅」を発車!

f:id:masa-tetsudo:20210829100821j:image

向こうに見える山は雲仙岳でしょうか。のどかな田園風景の中を走る列車。

f:id:masa-tetsudo:20210829101658j:image

三角線に入りしばらくすると、車窓には有明海が広がります!
f:id:masa-tetsudo:20210829101655j:image

青い海!青い空!絶景!
f:id:masa-tetsudo:20210829101701j:image

海の向こうには雲仙普賢岳の姿が。てっぺんは雲に隠れていますが、それもまた幻想的。

A列車オリジナルのAハイボール

f:id:masa-tetsudo:20210829100817j:image

バーカウンターでオーダーしたのは「Aハイボール」。目の前でハイボールサーバーから注がれます。
f:id:masa-tetsudo:20210829100824j:image

「Aハイボール」は、熊本名産の「デコポン」をアレンジしたハイボール。美しい有明海と雲仙普賢岳を眺めながらの一杯は最高!素敵な旅の思い出になりますね。

f:id:masa-tetsudo:20210829214124j:image

熊本から39分で三角線の終点「三角駅」に到着。本当にあっという間。もっと長く乗れるといいのになー。

リニューアルした三角駅舎と海のピラミッド

f:id:masa-tetsudo:20210829214109j:image

「A列車で行こう」に合わせて、南蛮風にリニューアルされた駅舎。なんと1903(明治36)年築なのだそう。おしゃれ!
f:id:masa-tetsudo:20210829214106j:image

天井がとっても高く、窓も大きくて開放感があります。
f:id:masa-tetsudo:20210829214117j:image

駅を出ると真正面に見える、不思議なカタチの建物。その名も「海のピラミッド」。正式名称は「三角港フェリーターミナル」で、ここから天草へと船が就航しています。
f:id:masa-tetsudo:20210829214120j:image

ピラミッドのてっぺんまで登ってみました!眼下には三角港。

f:id:masa-tetsudo:20210829215621j:image

海の向こうには天草諸島の島々。
f:id:masa-tetsudo:20210829214059j:image

さっき降りた「三角駅」。三角の町並みに美しく映えています。

A列車で行こうと接続する天草宝島ライン

f:id:masa-tetsudo:20210829214102j:image

さてここからは「A列車で行こう」と接続する「天草宝島ライン」の「シークルーズ号」に乗船。天草・松島を目指します!

f:id:masa-tetsudo:20210829220043j:image

乗船するクルーザーは「オリビア号」。こちらも「A列車で行こう」と同じく水戸岡鋭治氏のデザイン。スタイリッシュな姿がカッコいい!
f:id:masa-tetsudo:20210829220039j:image

船の操縦席。こんなに間近で見るのは初めてかも。
f:id:masa-tetsudo:20210829220047j:image

松島までの船の旅へ、出発!
f:id:masa-tetsudo:20210829220107j:image

天草の島々を縫うように走る「シークルーズ号」。
f:id:masa-tetsudo:20210829220051j:image

維和島にかかる東大維橋を通過。
f:id:masa-tetsudo:20210829220112j:image

乗っているとすごくスピードが出ているように思いましたが、実際の速度は時速約40kmぐらいなんだって。
f:id:masa-tetsudo:20210829220101j:image

松島港が見えてきました!

リゾラテラス天草でランチ

f:id:masa-tetsudo:20210829220033j:image

三角から約20分で「松島港」に到着。港を降りると目の前にあるのが「リゾラテラス天草」。
f:id:masa-tetsudo:20210829220029j:image

レストラン、カフェ、おみやげなどを販売するマーケットなど様々なショップが集まったスポットです。
f:id:masa-tetsudo:20210829220026j:image

目の前は海!リゾート感たっぷり!
f:id:masa-tetsudo:20210829220036j:image

今回は「プレートカフェリゾラ」でランチを頂きます。
f:id:masa-tetsudo:20210829220119j:image

「プレートカフェリゾラ」は全席オーシャンビュー。いい景色だ!
f:id:masa-tetsudo:20210829220104j:image

オーダーしたのは、天草で獲れた魚介を使ったランチコース。まずはお魚がたっぷり入ったカルパッチョサラダ。
f:id:masa-tetsudo:20210829220115j:image

メインディッシュは、天草鮮魚の地中海風ロースト。バジルのソースがいい香り。美味しい!

f:id:masa-tetsudo:20210829223251j:image

リゾラテラス天草の隣には「ミオカミーノ天草」という、上天草市の観光施設が。
f:id:masa-tetsudo:20210829223258j:image

中には、天草の食材や雑貨が並ぶマーケットや、ボルダリング施設、さらに外には海を眺めながらBBQができるエリアまで揃う、楽しいスポット!
f:id:masa-tetsudo:20210829223255j:image

「ミオカミーノ天草」の中には、先ほど乗船した天草宝島ラインのチケットカウンターがありました。他にもイルカウォッチングや天草五橋を巡るクルーズ船なんかも就航してるみたい。


f:id:masa-tetsudo:20210829223248j:image

リゾート感たっぷりの松島を存分に楽しんで、再び「天草宝島ライン」の「シークルーズ号」に乗船。三角港へと戻ります。

f:id:masa-tetsudo:20210829224414j:image

帰りはクルーザーの2階に登ってみました。
f:id:masa-tetsudo:20210829224421j:image

いい景色だー。
f:id:masa-tetsudo:20210829224408j:image

西陽を浴びてキラキラ輝く海。
f:id:masa-tetsudo:20210829224411j:image

遠くに海のピラミッドが見えてきました。三角港はもうまもなく。

A列車で行こうで熊本へ

f:id:masa-tetsudo:20210829224424j:image

「三角駅」に戻ってきました。
f:id:masa-tetsudo:20210829224418j:image

「A列車で行こう」に乗り込む前に、駅前で営業されていたコーヒースタンドでコーヒーを購入。
f:id:masa-tetsudo:20210829224427j:image

モコモコと立つ泡。コーヒーのいい香り。

f:id:masa-tetsudo:20210829225320j:image

お魚のマークがかわいい!

f:id:masa-tetsudo:20210830201122j:image

f:id:masa-tetsudo:20210829225305j:image

ホームに「A列車で行こう」が入ってきました。

f:id:masa-tetsudo:20210829225314j:image

帰りはバーカウンターで、天草の地アイス「塩バニラ」を購入。甘塩っぱくて美味しい!
f:id:masa-tetsudo:20210829225309j:image

ちょっど干潮の時間だったみたい。往路で見た時とはまた違った有明海の姿が広がっていました。
f:id:masa-tetsudo:20210829225317j:image

「A列車で行こう」と、接続する「天草宝島ライン」を乗り継いで、スムーズに天草への旅が繋がりました。皆さんもぜひ大人な観光列車「A列車で行こう」とリゾート感たっぷりの天草・松島へ、皆さんも訪れてみては!

関連リンク

関連書籍

鉄道イベント情報

ありがとうジパング(ツアー)(2021年10月10日) - 鉄道コム

東武 SL大樹ふたら 定期運行(2021年10月16日~) - 鉄道コム

えちごトキめき鉄道 朝から夕まで455(ツアー)(2021年9月11日) - 鉄道コム

3つのD&S列車 西九州1周ツアー(2021年10月1日) - 鉄道コム

会津鉄道 お座トロ展望列車 会津若松~会津川口間(ツアー)(2021年10月8日) - 鉄道コム

A列車で行こう公式サイト

www.jrkyushu.co.jp