マサテツ〜食べ鉄旅日記〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

八十里越街道のプロモーションサイトに「只見線と只見町を巡る旅」が公開されました!

鉄道コム

「越後南会津八十里越プロモーション事務局」が運営する「まぼろしの街道 八十里越街道」で、マサテツが『只見線と只見町を巡る旅』を紹介させていただきました。

新潟県の越後と福島県の南会津を結ぶ「八十里越峠」は、明治末期まで経済的・人的交流が続いた幻の峠道。

現在この区間に国道が建設中で、全面開通すると越後と南会津を含めた新しい観光エリアの誕生に期待がかかっています。

今回は八十里越峠の観光エリアである「只見線と只見町を巡る旅」の取材・記事制作を担当させていただきました。

▽記事はこちら

奇跡の復活を遂げた只見線と只見町をめぐる旅 前編 – 八十里越街道

奇跡の復活を遂げた只見線と只見町をめぐる旅 後編 – 八十里越街道

▽取材の様子

f:id:masa-tetsudo:20230119101810j:image
f:id:masa-tetsudo:20230119101806j:image
f:id:masa-tetsudo:20230119101802j:image

2011年7月に発生した新潟・福島豪雨で壊滅的な被害を受け、11年ぶりに全線再開した只見線。

今回は只見線を全線乗り通す2日間の旅を計画。1日目は小出から会津若松まで全線を乗り通し、2日目は会津若松から只見で途中下車。只見町を楽しんだのち、再び只見線に乗車しました。

歴史・自然・里山文化に囲まれた八十里越街道エリアは、日本人の心のふるさと。どこか懐かしさを感じられる、心のふるさとを巡る旅の雰囲気を感じていただけたらと思います。ぜひじっくりご覧下さい。