マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

第三セクター鉄道40社を巡る「鉄印帳の旅」|鉄印を求めて全国へ

鉄道コム

御朱印ならぬ『鉄印』を求めて、全国の第三セクター鉄道40社を巡ります。目指すはもちろんコンプリート!
※記事は随時更新します

鉄印って何? 

f:id:masa-tetsudo:20200904201620j:image

鉄印とは、一言で表すと「御朱印の鉄道版」。
指定の鉄印帳を手に、全国40社の第三セクター鉄道で鉄印をもらいます。鉄印をもらうには、各社指定の窓口で乗車券を提示し、鉄印帳と記帳料(300円~)を係員に渡します。

全40の鉄印をコンプリートすると、シリアルナンバー入りの「鉄印帳マイスターカード」 が発行されるのです!欲しい!

tabiyomi.yomiuri-ryokou.co.jp

目指せコンプリート!鉄印を集める旅 

鉄印巡りを目的に鉄道旅行を楽しみたい!今回は鉄印の共通ルール
①乗車券を提示
②鉄印帳を持参する

に加えて、
③公共交通機関を利用する
④鉄印をもらう鉄道会社の路線に1駅以上乗車する

私は以上の4つのルールを守って、全40の鉄印コンプリートを目指します!

(1)長良川鉄道[2020/07/12] 

f:id:masa-tetsudo:20200904201624j:image

記念すべき最初の鉄印は、長良川鉄道。
1つ目からちょっと斜め上なセンスですが(笑)個人的には大好きです。鮎食べたいな〜f:id:masa-tetsudo:20200904201631j:image

鉄印は、岐阜県の「関駅」または「郡上八幡駅」記帳してもらえます。

f:id:masa-tetsudo:20200904201638j:image

奥美濃の小京都「郡上八幡」へ、または「観光列車ながら」に乗車してみては。

www.masatetsudo.com

(2)伊勢鉄道[2020/07/19]

f:id:masa-tetsudo:20200904201716j:image

伊勢型紙の技法を使ってたり、鈴鹿抹茶の色合いに染め上げたり、伝統工芸士の方が彫刻されたりと、すごーくありがたい鉄印!

f:id:masa-tetsudo:20200904201656j:image

鉄印の記帳は、三重県の「鈴鹿駅」。注意すべき点は、窓口の営業時間。
*7:50~10:20
*10:30~12:20
*13:00~14:20
*14:50~15:20
*15:30~16:30
と細かく決まっています。営業時間を考慮して計画しましょう。

f:id:masa-tetsudo:20200904201700j:image

いつもは「快速みえ」でぶっ飛ばして通過する伊勢鉄道線ですが、たまにはローカル列車でゆっくり行くのもいいですよ。 

(3)樽見鉄道[2020/07/19]

f:id:masa-tetsudo:20200904201627j:image

樽見鉄道の鉄印は、書き置きではなく、鉄印帳にスタンプを押してくれます。
中央には樽見鉄道の社章。沿線の名所、淡墨桜と鮎のスタンプがかわいい!

f:id:masa-tetsudo:20200904201707j:image

鉄印の記帳は、岐阜県の「本巣駅」で。丁寧にスタンプを押してくれるので、少し時間がかかります。f:id:masa-tetsudo:20200904201613j:image

列車行き違いの待ち時間でもらうのは不可能です。時間に余裕を持って、ありがたく頂きましょう。

www.masatetsudo.com

(4)しなの鉄道[2020/07/30] 

f:id:masa-tetsudo:20200904201617j:image

しなの鉄道の鉄印も、鉄印帳にスタンプを押して下さいます。『御乗車記念』とありますから、ぜひ電車に乗ってもらいに行きましょう。f:id:masa-tetsudo:20200904201644j:image

しなの鉄道の鉄印は「小諸駅」または「豊野駅」で記帳してもらえますが、なんと記帳のデザインが違うのだそう。どちらの駅で貰おうか、もどかしい悩みが…
どちらも朝は7:00から。小諸駅は19:30、豊野駅は20:00までです。

f:id:masa-tetsudo:20200904201703j:image

国鉄時代に製造された「115系」が現役。新型車両に置き換える計画もあるそうなので、今のうちに乗っておきましょう。

www.masatetsudo.com

(5)南阿蘇鉄道[2020/08/10]

f:id:masa-tetsudo:20200904201653j:image

熊本地震による災害で現在も不通区間のある「南阿蘇鉄道」。スタンプには『全線復旧祈願』の文字が。2023年の全線開通を目指して復旧工事が進められています。

f:id:masa-tetsudo:20200904201719j:image

記帳してもらえる「高森駅」へは、熊本バスセンターまたは肥後大津駅からバスでアクセス。f:id:masa-tetsudo:20200904201711j:image

トロッコ列車「ゆうすげ号」に乗って、南阿蘇の自然を満喫しましょう。

www.masatetsudo.com

(6)錦川鉄道[2020/08/17] 

f:id:masa-tetsudo:20200904201600j:image

「錦川鉄道」の印を鉄印帳に押してくれます。f:id:masa-tetsudo:20200904201608j:image

鉄印の記帳は、錦川鉄道の終点「錦町駅」でもらえます。時間は8:15から20:15まで(鉄印帳の発売は~17:00)。

f:id:masa-tetsudo:20200904201635j:image

清流"錦川"に沿って走る錦川鉄道。美しい清流の姿を車窓に、錦町までの旅を楽しみましょう。さらに錦町から、末成線を活用した「とことこトレイン」に乗ってみるのもおすすめ!

www.masatetsudo.com

(7)信楽高原鐵道[2020/08/23]

f:id:masa-tetsudo:20200904201605j:image

信楽高原鐵道の鉄印は、あらかじめスタンプが押された書き置き。
信楽といえば「信楽焼」、信楽焼といえば「たぬき」。たぬきの「テツコ駅長」がデザインされて、地域らしさが現れていますね!f:id:masa-tetsudo:20200904201648j:image

鉄印の記帳は、信楽高原鐵道の終点「信楽駅」で。f:id:masa-tetsudo:20200904201641j:image

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となった信楽町。まだまだドラマの余韻があって、地元は盛り上がっていました。

(8)くま川鉄道[2020/09/02]

f:id:masa-tetsudo:20201006203117j:image

熊本県を走る「くま川鉄道」。鉄印は、人吉出身の書家「左近渓雪氏」によるもの。バックの龍が力強さを演出していますね。

くま川鉄道は、2020年7月4日に発生した豪雨災害で甚大な被害を受け、復旧の見込みが経っていません。

f:id:masa-tetsudo:20201006203055j:image

現在は、鉄印はオンラインショップ(くま鉄オンラインショップYahoo!店)にて、写真のような缶バッチや廃券硬券、幸福絵馬などとセットで販売しています。

store.shopping.yahoo.co.jp

(9)IRいしかわ鉄道[2020/09/07]

f:id:masa-tetsudo:20201006203039j:image

北陸新幹線開業に並行する、石川県内の在来線を引き継いだ「IRいしかわ鉄道」は、書き置きの鉄印。

真ん中に社章。そして『未来へ伸びる 愛ある鉄道』の文字。
社名の『IR(アイアール)』と『愛ある』をかけてるんですね!そして、北陸新幹線の敦賀延伸と同時に路線が伸びる、まさに『未来へ伸びる』IR鉄道。なかなか奥が深い!

f:id:masa-tetsudo:20201006203102j:image

鉄印は「金沢駅」の在来線改札口の隣にあるIRお客さまカウンター、または「津幡駅」で頂くことができます。

f:id:masa-tetsudo:20201006203051j:image

見た目はJR西日本の「新快速」ですが、水色のボディカラーが特徴的。列車は富山方面へ直通するので、あいの風とやま鉄道の鉄印も貰いに行くと効率がいいでしょう。

(10)あいの風とやま鉄道[2020/09/07] 

f:id:masa-tetsudo:20201006203125j:image

2015年の北陸新幹線の開業に伴い、富山県内の北陸本線は「あいの風とやま鉄道」に移管されました。

社名は力強い毛筆で。
「あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の 釣する小舟 漕ぎ隠る見ゆ」
これは、越中国守だった奈良時代の歌人大伴家持が詠んだ和歌で、あいの風とやま鉄道の社名の由来にもなったのだそう。

f:id:masa-tetsudo:20201006203106j:image

鉄印は「富山駅」または「高岡駅」で頂くことができます。高岡駅に乗り入れている路面電車「万葉線」や、城端線・氷見線といったローカル線の旅とともに楽しむといいかもしれません。

f:id:masa-tetsudo:20201006203129j:image

あいの風とやま鉄道には、観光列車「一万三千尺物語」が走ります。富山湾で獲れた新鮮な魚のお寿司を頂きながら、立山連峰と日本海を眺める旅に出かけてみては!

www.masatetsudo.com

(11)明知鉄道[2020/10/01] 

f:id:masa-tetsudo:20201006203059j:image

岐阜県恵那市を走る「明知鉄道」。鉄印は書き置きのタイプ。開業時の「アケチ1形」から続く、明知鉄道オリジナルのボディカラーをデザイン。右側には恵那から明智までの全駅名が記されています。

f:id:masa-tetsudo:20201006203110j:image

鉄印は「恵那駅」または「明智駅」で頂くことができます。

f:id:masa-tetsudo:20201006203047j:image

明知鉄道の名物といえば、地元の食材を使った郷土料理が楽しめる『食堂車』。1987年から続く、グルメ列車の元祖でもあります。
食堂車で美味しい食事を頂き、大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀ゆかりの地を巡り、そして鉄印を頂く。1日たっぷりと明知鉄道を満喫できます。

www.masatetsudo.com

(12)井原鉄道[2020/10/04]

f:id:masa-tetsudo:20201006203122j:image

岡山県を走る「井原鉄道」の鉄印は、岡山県出身の書家「中塚翠涛」氏が書いたデザイン。井原鉄道(Ihara Railway)の頭文字「IR」にちなみ「愛ある鉄道」をイメージして書かれたのだそう。
色鮮やかなハートは、実は井原鉄道の車両のラインと同じ色。柔らかな筆体とともに、愛にあふれたデザインですね!

f:id:masa-tetsudo:20201006203043j:image

井原鉄道の鉄印は「井原駅」で頂くことができます。ただし、営業時間が【6:50~9:45/10:15~11:25/12:00~12:50/13:35~15:15/15:40~16:55/17:10~18:20】となっているので、訪問の際は注意が必要です。

f:id:masa-tetsudo:20201006203134j:image

井原鉄道には1両だけ、水戸岡鋭治氏がデザインした「夢やすらぎ号」という特別な車両が走っています。貸切やイベントだけでなく、普通列車にも使用されている夢やすらぎ号。ホームページには運行スケジュールも案内されているので、ぜひ狙ってみては。

(13)えちごトキめき鉄道[2020/10/17]

f:id:masa-tetsudo:20201118203228j:image

北陸新幹線開業に伴い新潟県内の路線を移管された「えちごトキめき鉄道」。鉄印は「直江津駅」と「糸魚川駅」の2ヶ所で頂くことができます。両駅でデザインが異なり、さらに「特別版鉄印」「開業5周年記念鉄印」など新たな限定鉄印をどんどん発売しています。
どの鉄印にしようか迷うところですが…

f:id:masa-tetsudo:20201118203258j:image

今回は、鉄印を頂いた2020年10月17日、まさにこの日から発売開始となった「開業5周年記念版鉄印 直江津駅ver.」を頂きました。
美しいグラデーションの赤に花や雪をデザイン。さらに切り抜き加工を施した、かなり手のかかった鉄印です。

f:id:masa-tetsudo:20201118203301j:image

鉄印が頂けるのは「直江津駅」または「糸魚川駅」。受付時間はいずれも7:00~20:00までです。

f:id:masa-tetsudo:20201118203253j:image

えちごトキめき鉄道が誇る観光列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」。海山の絶景と新潟の美食を味わう上質な大人の旅を楽しんでみては!

www.masatetsudo.com

(14)北越急行[2020/10/17]

f:id:masa-tetsudo:20201118203241j:image

北越急行の鉄印は、梵字で手書きされた「ほくほく」にHK100系・ロゴマーク・アマビエの朱印。
社長の一声で決まったという鉄印のデザイン。梵字の一文字は神仏を表し、様々な功徳を与えるのだそう。
災難から救ってくれる(かも知れない)パワーを持った、非常にありがたい鉄印なのです。

f:id:masa-tetsudo:20201118203246j:image

鉄印が頂けるのは「十日町駅」西口の北越急行窓口。ちなみに東口はJRの窓口なのでご注意を。平日9:00~16:00までは鉄印に手書きで記帳してくれますが、それ以外の時間は書き置きしたものになります。

f:id:masa-tetsudo:20201118203232j:image

高規格な設備を持ち、高速走行や豪雪地帯でも安定した運行で、地域の足として根付いている北越急行。トンネル内で天井に映像を映し出す「ゆめぞら号」や「夜のトンネル探検」といった個性的な列車やイベントは、鉄道ファンからも人気を集めています。

(15)京都丹後鉄道[2020/11/01]

f:id:masa-tetsudo:20201118203224j:image

書き置きですが、なんと社長の直筆文字。社名と、右上には「感謝」の文字が。中央の朱印には水戸岡氏の手で生まれ変わった「丹後の海」と天橋立がデザインされています。
用紙は、丹鉄二俣駅にある「田中製紙工業所」の
丹後二俣紙(たんごふたまたがみ)を使用。1300年以上の歴史がある和紙で、宮津藩が年貢として納めていたのだそう。

f:id:masa-tetsudo:20201118203236j:image

京都丹後鉄道の鉄印は「天橋立駅」で頂くことができます。時間は8:00~20:30まで。

f:id:masa-tetsudo:20201118203250j:image

丹鉄といえば、海山の景観と丹後の幸を楽しむレストラン列車「丹後くろまつ」をはじめとした観光列車が多数運行されています。鉄印を頂いたあとは、観光列車に乗って丹鉄と丹後の旅を楽しみましょう。

www.masatetsudo.com

 

(16)平成筑豊鉄道[2020/11/27]

f:id:masa-tetsudo:20210226083210j:image

平成筑豊鉄道の鉄印は、美大卒の運転士がデザインしたのだそう。毛筆体で書かれた社名と、へいちくのキャラクター「ちくまる」。力強さと可愛らしさが調和したデザインです。

f:id:masa-tetsudo:20210226083243j:image

鉄印が頂けるのは、ちくてつの本社がある「金田駅」。ただし、記帳時間は月~金の10:00~18:30まで。土日祝は鉄印が貰えないので、ハードルが高い鉄道会社のひとつです。

f:id:masa-tetsudo:20210226083357j:image

平成筑豊鉄道といえば、水戸岡鋭治氏がデザインした「ことこと列車」が大人気。筑豊ののどかな自然の中を「ことこと」とゆっくり走る「ことこと列車」。ミシュラン1つ星シェフ監修のコース料理とともに楽しんでみては!

(17)甘木鉄道[2020/11/27]

f:id:masa-tetsudo:20210226083434j:image

甘木鉄道の鉄印はシンプル。赤いロゴマークに力強い書体で書かれた社名。横に添えられた言葉は『ゆっくり走るから見える景色がある』。旅情を誘うひと言葉が素敵ですね。

f:id:masa-tetsudo:20210226083508j:image

鉄印が頂ける「甘木駅」は、甘木鉄道で唯一の有人駅。受付時間は月~土の8:30~17:30まで。日曜日は記帳できないのでご注意を。

f:id:masa-tetsudo:20210226083727j:image

終点の「甘木駅」に併設された車庫は、道路と線路が目と鼻の先。すぐ目の前でディーゼルカーを見学できるのです。車両好きにはたまりません!

(18)肥薩おれんじ鉄道[2020/11/28]

f:id:masa-tetsudo:20210226083607j:image

JR九州から熊本県内の鹿児島本線を引き継いだ「肥薩おれんじ鉄道」。鉄印は、手書きと置き書きの2種類から選べます。不知火湾に沈む夕陽をイメージさせるおれんじの朱印。駅係員さんに書いていただいた筆書きは見事な達筆。ありがたみが増しますね!

f:id:masa-tetsudo:20210226083637j:image

肥薩おれんじ鉄道の鉄印は「八代駅」または「川内駅」で頂くことができます。ただし、手書きの鉄印は八代駅の窓口のみ。両駅ともに受付時間が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

f:id:masa-tetsudo:20210226083703j:image

3編成ある「くまモン列車」に出会えたらラッキー!また、日本のレストラン列車の先駆けとなった「おれんじ食堂」にも乗車してみたいところ。鉄印にもデザインされた、不知火湾に沈む夕陽は絶景です。

(19)智頭急行[2020/12/12]

f:id:masa-tetsudo:20210226083755j:image

兵庫県の上郡から鳥取県の智頭を結ぶ「智頭急行」。
置き書きの鉄印には、沿線市町村の花や木をイメージした5つの文様[ドウダンツツジ(智頭町)、サツキ(西粟倉村)、ウメ(美作市)、ヒマワリ(佐用町)、そしてダリア(上郡町)]をデザイン。特急「スーパーはくと」にちなんだキャラクター、その名「スーパーはくとくん」の朱印、その上から毛筆で「智頭線」の文字が記されています。

f:id:masa-tetsudo:20210226083822j:image

鉄印が頂けるのは「上郡駅」「大原駅」「智頭駅」の3駅。各駅で営業時間が異なり、また休憩時間も細かく設定されているので、事前のチェックは必須。

f:id:masa-tetsudo:20210226083851j:image

鳥取・岡山・兵庫の1市3町1村を走る智頭急行。関西・岡山と鳥取を結ぶバイパス線であり、多くの特急列車が行き交います。