マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【全席グリーン車の豪華特急】JR東日本の「サフィール踊り子」に乗ってきました!

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200509090333j:plain

2020年3月14日にデビューしたばかり!東京・新宿〜伊豆急下田を結ぶ、JR東日本の特急「サフィール踊り子」号。運行開始1週間後の週末に奇跡的にチケットが取れたので、豪華特急の旅を楽しんできました!

 

すべての車両がグリーン車!大人の伊豆を感じられる旅へ

f:id:masa-tetsudo:20200509090354j:plain

「サフィール踊り子」号は東京駅発の定期列車と、週末を中心に運転する新宿駅発の臨時列車があります。今回は東京駅11:00発の「サフィール踊り子1号」に乗車します。

f:id:masa-tetsudo:20200509090412j:plain

発車の約15分前、列車が入線してきました!いやホンマにめちゃくちゃカッコいいやん!!

じっくり見たり写真撮ったりしたいけど、外は多くの人で溢れていたので、早速車内へ。

f:id:masa-tetsudo:20200509090433j:plain

おぉーっ!めっちゃ豪華!!天井が高い!天窓もあって開放感がすごい!

f:id:masa-tetsudo:20200509090453j:plain

ガラスはUVカットガラスなのかな?日差しが入っても、眩しさや暑さはありませんでした。

f:id:masa-tetsudo:20200509090513j:plain

JR東日本は特急のグリーン車も2+2列でしたが、サフィール踊り子では2+1列のゆったり配置に。

f:id:masa-tetsudo:20200509090539j:plain

明るい色合いのモケットがおしゃれ。オットマンは電動。ヘッドレストを調節すれば、座り心地は抜群!

f:id:masa-tetsudo:20200509090600j:plain

シートピッチはご覧の通り、めいいっぱい足が伸ばせる広さです。

初登場のプレミアムグリーン車とプライベート感のある個室

発車までまだ時間があるので、他の車両も見学。

f:id:masa-tetsudo:20200509090625j:plain

2号車と3号車はグリーン個室。寝台列車の個室の廊下みたい。

f:id:masa-tetsudo:20200509090642j:plain

廊下にも天窓があるので明るいです。
部屋は4人個室または6人個室。6人個室が空いていたので、チラッと。

f:id:masa-tetsudo:20200509090706j:plain

ゆったり広くていいですね。ソファーの座り心地もきっと良さそう。

f:id:masa-tetsudo:20200509090727j:plain

1号車はグリーン車より上位クラスの『プレミアムグリーン車』。

f:id:masa-tetsudo:20200509090758j:plain

シートは1+1の2列配置、こんなシート配置見たことない!新幹線より以前の時代、東京〜大阪間を走った151系「こだま」号の1等車『パーラーカー』を思い出します。

f:id:masa-tetsudo:20200509090825j:plain

座席は革張りで真っ黒。バックシェルがあるので気兼ねなくリクライニング。

f:id:masa-tetsudo:20200509090844j:plain

壁や天井も黒系の色なので、いい意味で『暗め』のかなり落ち着いた雰囲気。窓や運転席からの景色が、より明るく見えそう。

遠くに富士山!近づく海!

f:id:masa-tetsudo:20200509090901j:plain

サフィール踊り子は東京駅を出発、品川・横浜に停まると、次は熱海までノンストップ。

f:id:masa-tetsudo:20200509090917j:plain

車内販売のワゴンが回ってきたので、みかんジュースを購入。このジュース、その名も『伊豆みかん 農家のきもち』。なかなか良いお値段がしたのですが、雲州みかんの果汁100%で、本当に甘いみかんをそのまま食べてるみたい。このジュースかなり美味しかったので、ぜひおすすめ!

f:id:masa-tetsudo:20200509090945j:plain

右側には富士山が。この日は本当に天気がよかった!

f:id:masa-tetsudo:20200509091009j:plain

左側には海も見えてきた!

『ヌードル』で軽く腹ごしらえ

「サフィール踊り子」は伊東駅から伊豆急行線へ。
カフェテリアの予約時間が近づいてきたので、そろそろ4号車へ。

f:id:masa-tetsudo:20200509091040j:plain

4号車にある「カフェテリア」では『ヌードル』いわゆるラーメンが頂けます。
ただし注意しないといけないのが、完全予約制なので事前にスマートフォンで予約が必要。「サフィールPay」というサイトで予約。カード決済にすれば、カフェテリアではQRコードを見せるだけ。これは便利!

f:id:masa-tetsudo:20200509091113j:plain

海側はカウンター席、山側は4人掛けのテーブル席。

f:id:masa-tetsudo:20200509091129j:plain

おしゃれなイス。

f:id:masa-tetsudo:20200509091147j:plain

キッチン前の通路は、ちょっと狭め。

f:id:masa-tetsudo:20200509091206j:plain

予約時間も選べるのですが、今回は「サフィール踊り子1号」では一番最後の「12時45分から」にしました。すると、ちょうど片瀬白田〜伊豆稲取間の海の車窓が一番きれいな区間を通過する所でした。

f:id:masa-tetsudo:20200509091225j:plain

カフェテリアの大きな窓から見る相模湾の景色。遠くには伊豆大島も。穏やかな海を見ていると心が癒されますね。

f:id:masa-tetsudo:20200509091242j:plain

程なくして、予約していた『ヌードル』がやってきました。車内で食事が楽しめる列車は数あれど、ラーメンは初めて!

ヌードルは、東京・神保町にある「傳」のオーナー長谷川在佑氏の監修。

f:id:masa-tetsudo:20200509091259j:plain

蒲鉾がスマイルでかわいい!シンプルな醤油ラーメン。縮れ麺がいい感じにスープと絡みます。そして玉子の半熟具合が最高。セットでオーダーした焼売も美味しかった!

f:id:masa-tetsudo:20200509091317j:plain

ヌードルと一緒に予約してあった、ホットコーヒー。こちらは食後に持ってきてもらいました。最後の時間帯なら急かされる事もないし、ゆっくり過ごせるのでおすすめ。ちなみに、食事が楽しめる時間は各時間帯20分です。

伊豆への鉄道アクセスは新たな時代へ

f:id:masa-tetsudo:20200509091333j:plain

東京駅から約2時間30分。「サフィール踊り子」は終点の「伊豆急下田駅」に到着。

f:id:masa-tetsudo:20200509091357j:plain

宝石のサファイヤのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージさせ、上質・高級で優雅な旅を楽しんでも らいたいという願いから、「サファイヤ」(英語)を「サフィール」(仏語)にし、名称を決定しました。https://www.jreast.co.jp/saphir/

f:id:masa-tetsudo:20200509091445j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509091456j:plain

速さをイメージさせる流線形の先頭。

f:id:masa-tetsudo:20200509091521j:plain

青く輝く海をイメージさせる車体の色。
カッコいいというよりは『美しい』。どこから眺めても『美しい』。まさに、大人の伊豆を感じられる旅を演出する「サフィール踊り子」のコンセプトにぴったり。

f:id:masa-tetsudo:20200509091549j:plain

伊豆急下田駅でもサフィール踊り子が大々的にアピールされていました。

f:id:masa-tetsudo:20200509091609j:plain

従来の「踊り子」号も新しい車両(中央本線の元あずさ・かいじをリニューアル)に順次変わるそう。伊豆への鉄道アクセスは新たな時代を迎えようとしています。

列車DATA

特急「サフィール踊り子」
区間:東京・新宿〜伊豆急下田
本数:1往復(さらに臨時列車として平日・土休日1往復)

www.jreast.co.jp