マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【水戸岡ワールド全開】しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に乗ってきました![指定席プラン]

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200508213517j:plain

浅間山を初めとした信濃路の豊かな自然と美味しい食事が楽しめる。「しなの鉄道」の長野〜軽井沢間を走る観光列車「ろくもん」に乗ってきました。

 

国鉄生まれの115系が水戸岡ワールド全開に変身

旅のスタートは「軽井沢駅」。東京から北陸新幹線で約1時間。

f:id:masa-tetsudo:20200508213547j:plain

改札口は新幹線口のすぐ隣。通路に掲げられた暖簾が目印。

「しなの鉄道」は当時の長野新幹線開業時に、信越本線の篠ノ井〜軽井沢間を第三セクターに転換し誕生した鉄道会社です。

f:id:masa-tetsudo:20200508213618j:plain

観光列車「ろくもん」は、土日祝日に長野〜軽井沢間を1日1往復運転。また月に一回、姨捨の夜景が楽しめる「ろくもん姨捨ナイトクルーズ」(上田→姨捨→長野)の運行もあります。

今回は、軽井沢発長野行き『ろくもん1号』の指定席プラン、長野発軽井沢行き『ろくもん4号』の食事付きプランを予約。ろくもんの魅力を存分に楽しみたいと思います。

f:id:masa-tetsudo:20200508213653j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200508213716j:plain

軽井沢駅は、ろくもんのデザイナーである「水戸岡鋭治氏」の手でリニューアル。駅ナカには子どもから大人まで楽しめる空間を目指した『森の小リスキッズステーション』。

f:id:masa-tetsudo:20200508213738j:plain

また『旧軽井沢駅駅舎』は待合室やカフェを併設した、楽しく電車が待てる施設に。

f:id:masa-tetsudo:20200508213805j:plain

ホームへ向かうと、すでに「ろくもん」が停車していました!

f:id:masa-tetsudo:20200508213517j:plain

元は国鉄時代に作られた「115系」を、水戸岡鋭治氏のデザインでリニューアル。

f:id:masa-tetsudo:20200508213907j:plain

「ろくもん」は、現在の上田市真田町ゆかりの武将「真田一族」の家紋である「六文銭」から命名されました。

f:id:masa-tetsudo:20200508213931j:plain

列車の配色は、真田信繁(幸村)が大坂冬の陣などで用いた「赤備え」(甲冑や武具を赤で統一すること)をイメージした濃い赤。

f:id:masa-tetsudo:20200508214001j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200508214017j:plain

そして、真田一族の家紋である「六文銭」「結び雁金」「州浜」をゴールドで配置。

f:id:masa-tetsudo:20200508214045j:plain

115系の武骨な面影を残しつつ、非日常感を思わせるデザイン。JR九州だけでなく、今や全国各地の列車を手掛けている『水戸岡デザイン』の魅力のひとつではないでしょうか!
長野行き「ろくもん1号」は、1号車に乗車。こちらは「指定席プラン」の方専用の車両です。

f:id:masa-tetsudo:20200508214115j:plain

わぁー!すごい!おしゃれ!!
内装には長野県産の材木をふんだんに使用。

f:id:masa-tetsudo:20200508214214j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200508214230j:plain

2人掛け、4人掛けの対面席。各区画には大きなテーブルを設置。

1号車は飲食物の持込みが可能なので、飲み物や駅弁を広げてゆったり旅するファミリーやグループが数多くいました。

f:id:masa-tetsudo:20200508214300j:plain

各区画の間仕切りは曇りガラス。こちらにも「六文銭」を模したマークが。

f:id:masa-tetsudo:20200508214326j:plain

車両の中央にあるのは、木のボールに埋まって遊べる、その名も「木のプール」。

f:id:masa-tetsudo:20200508214346j:plain

「木のプールに飛び込んでみたい!」というのが密かな野望でしたが、この日は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、立ち入ることはできませんでした。

f:id:masa-tetsudo:20200508214424j:plain

1号車の一角には、飲食物や信州のおみやげなどを取り揃えたサービスカウンター。

f:id:masa-tetsudo:20200508214453j:plain

向かいのソファーには乗車記念のパネル。

f:id:masa-tetsudo:20200508214513j:plain

早速ですが、サービスカウンターでホットコーヒーを購入。スリーブにはちゃんと「ろくもん」
のロゴのスタンプが押されてました!

停まるたび 心のこもった おもてなし

「ろくもん1号」は定刻通りに軽井沢駅を発車。

f:id:masa-tetsudo:20200508214537j:plain

程なくして見えてくるのは、長野県を代表する山『浅間山』。天気は快晴。まだ雪が残る『浅間山』は本当にきれいで美しい。

f:id:masa-tetsudo:20200508214559j:plain

沿線の景観を楽しみながら、列車はゆったりとした速度で走ります。

f:id:masa-tetsudo:20200508214621j:plain

列車は「田中駅」に到着。全国に「田中」の苗字は数あれど、田中駅はここが唯一なのだとか。

f:id:masa-tetsudo:20200508214640j:plain

全国の「田中さん」を大歓迎。

f:id:masa-tetsudo:20200508214659j:plain

このように「ろくもん」は途中いくつかの駅で10分前後の停車時間があり、駅舎の見学ができたり地域の方のおもてなしを楽しむことができるのです。

f:id:masa-tetsudo:20200508214720j:plain

次に停車した「上田駅」では、文銭入りの陣羽織を着て記念撮影。

f:id:masa-tetsudo:20200508214742j:plain

甲冑を被って刀も持ってビシッと!気分は真田幸村。

f:id:masa-tetsudo:20200508214804j:plain

上田駅で駅員さんが販売していた「みすず飴」。かわいいパッケージだなーと思ったら、こちらも水戸岡さんのデザインなんだって!

昔懐かしい果物のゼリー菓子、ぷにぷに柔らかくて優しい甘さ。美味しい!

f:id:masa-tetsudo:20200508214825j:plain

上田駅を発車してすぐ。新幹線の高架の隙間から小さく見えるのが、真田家の居城として知られる上田城。

次に停車したのは、戸倉上山田温泉の最寄り駅「戸倉駅」。

f:id:masa-tetsudo:20200508214847j:plain

こちらでは、なんと温泉の源泉で淹れたという「温泉茶」の試飲が。また、そばでは色々とおみやげが売られていました。
こちらもついつい。「六文銭まんぢう」は、黒糖生地の薄皮の中に餡子たっぷり!ろくもんのオリジナル包装の限定品が帰るのは、戸倉駅停車中のみなんだって。こちらもおみやげにぜひ!

国鉄生まれの115系が今でも元気に活躍

f:id:masa-tetsudo:20200508214927j:plain

戸倉駅では約20分停車時間があるので、ろくもんの車両全体を撮るのもおすすめ。反対側のホームへ行けばご覧の通り。カッコいい!

f:id:masa-tetsudo:20200508214956j:plain

また戸倉駅は乗務員基地や車両基地がある、しなの鉄道の中枢駅。「ろくもん」と同じ115系の、普通列車に使われる車両がたくさん止まってました。

f:id:masa-tetsudo:20200508215016j:plain

この駅で「ろくもん」は、後から来る普通列車に抜かれます。

f:id:masa-tetsudo:20200508215036j:plain

やってきたのは、台湾の台湾鉄路管理局(台鉄)の「EMU100型電車」をイメージした塗色「台鉄自強号色」。

f:id:masa-tetsudo:20200508215057j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200508215113j:plain

正面は黄色とオレンジで派手なのに、側面は地味めな色なのがおもしろい!

f:id:masa-tetsudo:20200508215134j:plain

「ろくもん」と並びました!

f:id:masa-tetsudo:20200508215154j:plain

普通列車の後を追って、ろくもんも発車します。

f:id:masa-tetsudo:20200508215218j:plain

ちょっと喉が渇いたので、再びサービスカウンターへ。購入したのは東御市の「アトリエ・ド・フロマージュ」の「信州りんごジュース」。今乗っている1号の『食事付きプラン』のお料理も手掛けていらっしゃいます。
りんごがとっても濃厚!甘さだけでなく程よい酸味もあります。美味しい!

f:id:masa-tetsudo:20200508215250j:plain

篠ノ井駅でしなの鉄道と別れて、JRの篠ノ井線に入ったはずですが、あまりの心地よさにうとうとしてました。

右手に新幹線の高架と並走したら、終点の長野駅はまもなく。

f:id:masa-tetsudo:20200508215311j:plain

「ろくもん1号」は終点の「長野駅」に到着。軽井沢から約2時間30分という時間は、長過ぎず短過ぎずちょうどいい満足感。沿線の皆さんのおもてなしにも深く感謝。とっても楽しいひとときでした。

この後「ろくもん」は折返の準備に入り、分後には「ろくもん4号」として再び軽井沢へ向けて走ります。

列車DATA

しなの鉄道「ろくもん」
区間:軽井沢〜長野
運行日:主に金・土・日祝・月曜日
プラン:1号車は指定席プラン(食事無し、持込可) 、2・3号車は食事付きプラン

www.shinanorailway.co.jp