マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【わずか4年で引退へ】おしゃれなリゾート列車「伊豆クレイル」に乗ってきました!

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200509102916j:plain

小田原〜伊豆急下田間を走るリゾート列車「伊豆クレイル」が、2020年6月をもって引退する事が先日発表されました。今回は引退間近の「伊豆クレイル」に乗って、優雅なリゾート列車の旅を楽しんできました!

 

タキシードボディがかわいくオシャレに変身!

f:id:masa-tetsudo:20200509102939j:plain

「伊豆クレイル」は、土日祝日を中心に小田原〜伊豆急下田間を走ります。今回は、伊豆急下田15時31分発の「伊豆クレイル2号」に乗車します。

f:id:masa-tetsudo:20200509102959j:plain

改札を抜けるとすでに停車していた「伊豆クレイル」がお出迎え。

f:id:masa-tetsudo:20200509103017j:plain

元は常磐線を走っていた651系「スーパーひたち」の車両。『タキシードボディ』なんてカッコいい名称がつけられていました。伊豆クレイルに改造されてからは「かわいい」「おしゃれ」という言葉が似合いそう。

f:id:masa-tetsudo:20200509103039j:plain

LEDのヘッドマークがあった所には、おしゃれでかわいいロゴマークが。

f:id:masa-tetsudo:20200509103101j:plain

真っ白なボディに、ピンクゴールドのラインとかわいい柄をプラス。

f:id:masa-tetsudo:20200509103119j:plain

行き先表示も柔らかい字体。

f:id:masa-tetsudo:20200509103138j:plain

ところで「伊豆クレイル」の種別は「快速」として運転しますが、全席が「グリーン車指定席」。よって、青春18きっぷでは利用不可なので注意。

特急時代の面影は皆無

それでは車内へ。今回乗車するのは1号車。

f:id:masa-tetsudo:20200509103157j:plain

すごくおしゃれ!スーパーひたちの面影なんて全くない!

f:id:masa-tetsudo:20200509103213j:plain

海側は窓に向かって2人掛けの座席。

f:id:masa-tetsudo:20200509103232j:plain

山側は向かい合わせのボックスシート。こちらは1段高くなっているので、海側の景色も見やすそう。

f:id:masa-tetsudo:20200509103252j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509103313j:plain

テーブルには、この後頂く「カフェセット」のセッティングが。お料理はこの後、河津駅を発車後に提供されるとの事。

発車まで少し時間があったので、他の車両を少し見学。

f:id:masa-tetsudo:20200509103335j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509103358j:plain

2号車は物販カウンターとラウンジ。

f:id:masa-tetsudo:20200509103415j:plain

チョークアートがかわいい!

f:id:masa-tetsudo:20200509103434j:plain

物販カウンターでは、ドリンクやお菓子などの他、伊豆地方ならではのおみやげが販売されていました。

f:id:masa-tetsudo:20200509103451j:plain

3号車はコンパートメント席。窓と壁と通路側は暖簾で仕切られているので、プライベート感があって良さそう!やっぱりグループには人気みたいで、この日のコンパートメントはほぼ満席でした。

f:id:masa-tetsudo:20200509103506j:plain

1号車・3号車は「びゅう」などの旅行ツアーでお料理と一緒に発売される車両でしたが、4号車はきっぷで乗車する事ができる一般的な座席車両。
2+2列のリクライニングシートが並んでいますが、前と後ろの両端だけは4人掛けのボックスシートになっています。折り畳み式の大きなテーブルもあるので、グループならぜひおすすめ。

秋元さくら氏監修・アフタヌーンカフェセット

f:id:masa-tetsudo:20200509103530j:plain

さて、そろそろ自席に戻って、お楽しみのお食事を。

f:id:masa-tetsudo:20200509103547j:plain

まずはウェルカムドリンクから。

f:id:masa-tetsudo:20200509103603j:plain

かわいいボックスが運ばれてきました。蓋を開けると…

f:id:masa-tetsudo:20200509103618j:plain

おぉー!美味しそう!!

「クレイルスタイル・アフタヌーンカフェセット」は、人気のフレンチレストラン「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフが監修。

「美しく・楽しく・親しみやすく」をモットーに、伊豆の食材を使った四季折々のメニューをご提供します。

f:id:masa-tetsudo:20200509103647j:plain

事前に調べてなくててっきりスイーツだけかと思いきや、内容はライトミールとスイーツのアソート。ちょっと嬉しい誤算!

フードメニュー
・桜海老と青海苔のキッシュ、アメーラトマトを添えて
・伊豆下田産の金目鯛のコンフィ、サフランソース
・国産牛ロース肉のタリアータ、わさびのソース

デザートメニュー
・伊豆のミルクと卵で作った桜チーズケーキ
・特濃伊豆モーモーミルクのプリン、モンブラン仕立て
・かわづの天然塩で作った 青海苔チーズクッキー

盛り付けが素敵で見た目もかわいいし、もちろんお味も美味!大満足です。

伊豆の海を一望

f:id:masa-tetsudo:20200509103706j:plain

美味しいお料理を頂いている頃、電車は伊豆稲取〜片瀬白田間の東伊豆海岸線が目の前に広がる地点で一旦停車。

f:id:masa-tetsudo:20200509103724j:plain

相模湾の穏やかな景観をじっくりと楽しみます。
特急から通過しながら眺める景色とは、また違った楽しみ方ができるのは、伊豆クレイルの魅力のひとつですね。

f:id:masa-tetsudo:20200509103805j:plain

伊東駅では約8分の停車時間の間に、先頭にパネルを置いて記念撮影をしてくれるサービスが。
座りっぱなしも疲れてきたので、ラウンジ車両へ。

f:id:masa-tetsudo:20200509103846j:plain

伊豆といえばみかん!という事で「みかんジュース」を。

f:id:masa-tetsudo:20200509103905j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509103917j:plain

ラウンジ車両から見える海も、またきれい。大きな窓が連続して並んでいるので、迫力がまた違いますね。

f:id:masa-tetsudo:20200509103937j:plain

車内には素敵な音楽が流れているのですが、「いい音してるなー」と思ってスピーカーを見たら、なんとBOSE製でした。

快速が快速に抜かれる!?貴重な体験

f:id:masa-tetsudo:20200509103958j:plain

海と旅館とお城が見えてきたら、熱海駅はもうすぐ。

次は終点の小田原。

f:id:masa-tetsudo:20200509104023j:plain

途中の「根府川駅」で一旦停車。降りることはできません。

f:id:masa-tetsudo:20200509104038j:plain

「時間調整かなー」なんて思っていたら、東京方面の快速が先を越して行きました。快速が快速に抜かれるなんて、なかなかレアな体験かも。

伊豆クレイルはまもなく引退

f:id:masa-tetsudo:20200509104103j:plain

終点の小田原に到着。

f:id:masa-tetsudo:20200509104123j:plain

約2時間の旅。本当にあっという間でしたが、お料理は美味しいし景色は美しいし本当に楽しかった!いい思い出になりました。

ラストランは6月28日に運行される、静岡DCアフターキャンペーンクロージング列車。残り少ない期間ですが、機会が合えばぜひ「伊豆クレイル」の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

列車DATA

「伊豆クレイル」
運転区間:小田原〜伊豆急下田