マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

【走るおしゃれカフェ】JR東日本の「フルーティアふくしま」に乗ってきました!

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200509162018j:plain

福島のオリジナルスイーツが楽しめる、JR東日本の観光列車「フルーティアふくしま」に乗ってきました!

 

可愛くておしゃれなフルーティア

旅のスタートは「郡山駅」から。フルーティアふくしまは主に郡山〜会津若松間の「磐越西線」で運行していますが、12月〜3月の冬季は郡山・福島〜仙台間の「東北本線」を走ります。

f:id:masa-tetsudo:20200509162049j:plain

という事で今回は郡山発仙台行きの「フルーティアふくしま91号」に乗車します。

f:id:masa-tetsudo:20200509162108j:plain

列車が入線してきました!

f:id:masa-tetsudo:20200509162303j:plain

カラフルな色合いが素敵!

f:id:masa-tetsudo:20200509162325j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509162337j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509162351j:plain

「フルーティア」の名前は、スイーツに使われる「フルーツ」と、カフェをイメージさせる「ティー」を組み合わせ命名されたのだとか。シンボルマークもかわいいですね。

f:id:masa-tetsudo:20200509162422j:plain

駅員の皆さんが出てきてくれて、横断幕と一緒に写真撮影。私も撮ってもらいました!ありがとうございます!

準備が整ったようなので、車内へお邪魔します。

f:id:masa-tetsudo:20200509162449j:plain

おぉー!めっちゃオシャレ!
2名または4名のボックスシートだけでなく、1名用のカウンター席も用意されているのは、ひとり旅でも嬉しいポイント。
真っ白でふわふわのソファーと大きなテーブルが付いたボックスシート。実は通路より1段高くなっているので、美しい車窓をより楽しむことができそう。

続いて1号車へ。

f:id:masa-tetsudo:20200509162531j:plain

わぁー!これはもう「カフェ」ですね!

f:id:masa-tetsudo:20200509162559j:plain

大きなカフェカウンターにあるドリンクサーバー(アイスコーヒー・アイスティー・ミネラルウォーター)は飲み放題。

f:id:masa-tetsudo:20200509162626j:plain

f:id:masa-tetsudo:20200509162639j:plain

他にも有料のドリンクや、フルーティアふくしまの限定グッズが販売されていました。

フルーティアふくしまのオリジナルスイーツ

列車は一路仙台へ出発。

f:id:masa-tetsudo:20200509162708j:plain

改札印はフルーティアオリジナル。自動改札機に入れないように気をつけなくちゃ!

f:id:masa-tetsudo:20200509162727j:plain

早速、かわいいワゴンに乗ってスイーツが運ばれてきました。

f:id:masa-tetsudo:20200509162755j:plain

2020年12月〜3月までは「fruits peaks」がプロデュースしたスイーツで、「フルーティアふくしま」でしか味わえないオリジナル。

f:id:masa-tetsudo:20200509162820j:plain

「福島県産とちおとめと苺クリーム」福島県産「とちおとめ」を使った、カスタードクリームと苺クリームのタルトです。中にはたくさんの「とちおとめ」とクリームが入っており食べ応え十分!口の中に広がる「とちおとめ」の甘酸っぱさと、縁を飾るアーモンドの食感をお楽しみ下さい。

f:id:masa-tetsudo:20200509162836j:plain

「福島県産とちおとめとバニラムース」福島県産「とちおとめ」とバニラのムースを合わせました。ムースに挟んだ苺のピューレがアクセントとなり、全体で「とちおとめ」を存分に味わえます。ムースの白色に、「とちおとめ」の赤色がきれいに映えるタルトです。

f:id:masa-tetsudo:20200509162855j:plain

福島県の名産である「とちおとめ」の苺尽くし!美味しい!

f:id:masa-tetsudo:20200509162909j:plain

ホットコーヒーは1杯サービス。さらに福島県産の桃100%のジュースも頂きました。この桃ジュースがめちゃくちゃ美味しかった!

f:id:masa-tetsudo:20200509162928j:plain

今度は車掌さんが、記念写真のパネルを持ってきてくれました。このパネル、なんと福島運輸区の乗務員さんの手作りなんだって!すごい!

長く乗車するなら冬がおすすめ!

f:id:masa-tetsudo:20200509162957j:plain

列車は、途中の「福島駅」で小休止。福島駅から乗車される方もいます。

f:id:masa-tetsudo:20200509163015j:plain

再び仙台へ向けて出発。意外にも眺めのいい運転席前。

f:id:masa-tetsudo:20200509163033j:plain

暖冬の影響で、雪は山に薄ら積もるのみでしたが、大きな窓から美しい車窓が楽しめました。

f:id:masa-tetsudo:20200509163336j:plain

カフェカウンターでアイスコーヒーを頂いていると、「まもなく終点仙台」のアナウンス。

f:id:masa-tetsudo:20200509163401j:plain

郡山〜仙台間は約2時間10分。磐越西線の郡山〜会津若松間の乗車時間は約1時間なので、「フルーティアふくしま」を長く楽しむなら、12月〜3月の冬季期間がおすすめです。

列車DATA

「フルーティアふくしま91号」
乗車区間:郡山〜仙台
運転日:12月〜3月の土日祝日(4月以降は公式ホームページでご確認下さい)
公式ホームページ:https://jr-sendai.com/train/fruitea/