マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

JR東日本の「フルーティアふくしま」|福島県産のフルーツを使ったスイーツ列車

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20211212094350j:image

福島県産のフルーツを使ったオリジナルスイーツが頂ける、かわいくておしゃれな列車。JR東日本の「フルーティアふくしま」に乗ってきました!

*2021年12月の情報を基に作成しています

モダンでおしゃれでかわいい列車

f:id:masa-tetsudo:20211212094355j:image

「フルーティアふくしま」は福島県の「郡山駅」を起点に、春から秋は会津若松・喜多方、そして冬シーズンは仙台へ運転されています。今回は仙台行き「フルーティアふくしま91号」に乗車します!
f:id:masa-tetsudo:20211212094357j:image

ホームにはすでに「フルーティアふくしま」が停車していました。
f:id:masa-tetsudo:20211212094414j:image

「フルーティアふくしま」は2両編成。黒と赤で塗り分けたモダンなデザインが素敵!
f:id:masa-tetsudo:20211212094405j:image
f:id:masa-tetsudo:20211212094353j:image

スイーツに使われる"フルーツ"と、カフェをイメージさせる"ティー"を組み合わせて「フルーティア」。シンボルマークもかわいいですね!
f:id:masa-tetsudo:20211212094417j:image

では、車内へ。
f:id:masa-tetsudo:20211212094407j:image

おぉー!モダンでおしゃれ!ソファーとテーブルを配置したボックス席。そしておひとり様でも利用できるカウンター席。ソファーがとってもゆったり座れて、本当にカフェにいる気分!
f:id:masa-tetsudo:20211212094422j:image

1号車はカフェカウンターが置かれたフリースペース。
f:id:masa-tetsudo:20211212094402j:image

大きくて伸びやかなカウンター。
f:id:masa-tetsudo:20211212094419j:image

ここでもゆっくり過ごせそう。
f:id:masa-tetsudo:20211212094400j:image

クリスマスらしく、かわいい装飾。
f:id:masa-tetsudo:20211212094412j:image

カフェカウンターに置かれたジュースやコーヒーなどは飲み放題。

福島県産洋梨を使ったオリジナルスイーツ

f:id:masa-tetsudo:20211213153522j:image

「郡山駅」を発車すると早速スイーツが運ばれてきました。

f:id:masa-tetsudo:20211213153503j:image

毎月変わるスイーツの内容。12月は、郡山に本店がある「fruits peaks (フルーツピークス)」のオリジナルスイーツです。
f:id:masa-tetsudo:20211213153517j:image

スイーツと一緒に運ばれてきたのは、JAふくしまの「桃の恵み」というジュース。福島といえば桃の名産地。桃果汁100%の贅沢なジュースは甘すぎずさっぱりしてて飲みやすい!
f:id:masa-tetsudo:20211213153506j:image

12月のスイーツは、福島県産の洋梨を使ったタルトが2種類。では、いただきます!
f:id:masa-tetsudo:20211213153509j:image

まずはチョコカスタードと洋梨を合わせたタルト。とろけるような食感と濃厚な甘さの洋梨。優しい甘さのチョコカスタードともマッチ。サクサク食感のタルト生地もいい感じ。
f:id:masa-tetsudo:20211213153514j:image

続いてはキャラメルムースと洋梨。甘くて濃厚なキャラメルムースと洋梨のハーモニーが口の中に広がります。
f:id:masa-tetsudo:20211213153512j:image

福島県産の洋梨を贅沢にたっぷり使った2種類のタルト。どちらも洋梨の美味しさが活かされていて美味でした!
f:id:masa-tetsudo:20211213153519j:image

スイーツのお供にはホットコーヒーを。もちろんこちらもおかわり自由。カップにもフルーティアのシンボルマークが入っていてかわいい!

f:id:masa-tetsudo:20211213160140j:image

観光列車で欠かせない記念乗車証ですが「フルーティアふくしま」はQRコードを読み取ってダウンロードするスタイルでびっくり。今どきですねー。
f:id:masa-tetsudo:20211213160132j:image

スイーツも食べ終えたので、1号車のカフェ車両へ。カウンターでは「フルーティアふくしま」のオリジナルグッズを販売していました。
f:id:masa-tetsudo:20211213160134j:image

気になるスイーツを見つけたので購入。福島県桑折町の"あかつき"という桃を使った「至福の桃ソルベ」。桃の上品な香りが広がり、口の中は濃厚な桃味でいっぱい。美味しい!

美しい山々が広がる車窓

f:id:masa-tetsudo:20211213160154j:image

仙台行き「フルーティアふくしま」は車窓にも見どころが。郡山を出てすぐに見えるのは安達太良山。薄ら雪化粧。
f:id:masa-tetsudo:20211213160143j:image

福島県と宮城県の県境。急な勾配とカーブの連続。
f:id:masa-tetsudo:20211213160148j:image

県境を越えると今度は蔵王山。今日は天気が良くて、頂上まできれいに見えました。
f:id:masa-tetsudo:20211213160146j:image

右側から仙台空港アクセス線が合流すると、仙台の市街地へと入っていきます。
f:id:masa-tetsudo:20211213160150j:image

「フルーティアふくしま」は終点「仙台駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20211213160137j:image

ホームでは駅のスタッフさんが横断幕を持ってお出迎え!

f:id:masa-tetsudo:20211213175720j:image

美味しいスイーツはもちろん、山々を望む車窓も美しかったのが印象に残りました。新幹線とは違って、ゆっくり走るからこそ楽しめる景色も魅力です。皆さんもぜひ「フルーティアふくしま」に乗車してみては!

関連リンク

関連書籍

鉄道イベント情報

真岡鐵道 長倉線ガイドウォークツアー(2022年1月8日) - 鉄道コム

185系 ぐるっと北総水郷185(ツアー)(2022年2月20日) - 鉄道コム

185系 新宿~横川間(ツアー)(2022年2月5日) - 鉄道コム

真岡鐵道 SL夜間撮影会(2022年1月9日) - 鉄道コム

川越車両センター 209系3100番台体験ツアー(2022年1月8日) - 鉄道コム

フルーティアふくしま公式サイト

www.jreast.co.jp