マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

[駅弁食べ歩き]東京駅の「特急列車ヘッドマーク弁当 あいづ」|会津の名物が詰まった弁当

鉄道コム

往年の特急列車のヘッドマークをデザインした容器とその地域の名物を詰め込んだ、数量限定の駅弁シリーズ。2020年10月14日から発売されている第13弾は「あいづ」。

中には、列車の説明を書いたカードが添えられています。「あいづ」は上野〜会津若松間を運行していた特急列車なのだそう。

当時のヘッドマークをデザインした容器。これは全種類集めたくなりますね!
ちなみに私は、会社に持っていくお弁当箱に使ってます。

この駅弁シリーズの素晴らしいところは、容器だけでなく、中身もこだわっているのです。
福島県産コシヒカリを使用した白飯の上には、ソースかつ、会津地鶏の照り焼き、会津産の梅干しなど、会津の名物と食材にこだわっています。

ソースがたっぷり染み込んだかつは、ボリュームたっぷり。かと思えば、椎茸や山菜など味わい深いおかずも美味。

中でも珍しいなと思ったのが、まんじゅうの天ぷら。会津地方では当たり前の食べ方なのだそう。
サクサクの衣としっとりした舌触りのこしあんの、食感のコラボレーションがユニーク。ぎっしり詰まったこしあんは甘さ控えめなので、いくらでも食べちゃいそう。クセになる美味しさでした!

駅弁DATA

「特急列車ヘッドマーク弁当 あいづ」
発売駅:東京駅・品川駅など
製造:しまだフーズ
※数量限定、なくなり次第終了 追記・発売終了しました

www.kitanoshimada.com