マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車、美味しいレストラン列車、たまにはいいね!列車旅

【ヘルシーな寒天料理がいっぱい】明知鉄道の「寒天列車」に乗ってきました!

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20200804204738j:plain

カロリーがほとんどなく、食物繊維をたっぷり含んだヘルシー食材「寒天」を使った料理が楽しめる!岐阜県恵那市の「明知鉄道」の食堂車「寒天列車」に乗ってきました。

 

 

普通列車よりのんびり走る急行列車

岐阜県恵那市にある「明知鉄道」は、昭和60年旧国鉄明知線を引き継ぎ運行している鉄道路線。路線距離は25.1km、「恵那駅」から終点「明智駅」まで11の駅が結んでいます。
写真のキャラクターは明知鉄道の「てつじい」。明智駅に動態保存されている「C12 244」がモチーフ、御年86歳の元気なじいちゃん!

明知鉄道「山岡駅」がある恵那市山岡町は、細寒天の生産量日本一の町。寒天列車では、山岡の細寒天をふんだんに使った料理を、車窓を眺めながら楽しむ事ができます。

寒天列車は、月曜日を除く4月~9月に運行。他にも冬〜春の「じねんじょ列車」秋の「きのこ列車」など、季節毎にグルメ列車を運行しています。

駅の窓口で受付を済ませ、こちらの通行手形を受け取ります。これはグルメ列車に乗った方専用のフリー切符。明知からの帰りは好きな列車で自由に乗り降りができるのです。

窓口の向かいには、今日のグルメ列車の座席表。ここで事前に自分の席を確認しておきましょう。

発車の10分前に列車が入線。あの列車はなんだ!?

3両編成のうち1両は、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公「明智光秀」のラッピング列車でした。

車内もこんな感じで、カッコいい!

ちなみに寒天列車は、定期列車の「急行大正ロマン号」に連結する形で運行されます。この日は、後部2両が寒天列車、最前部1両は誰でも乗れる一般車両でした。

寒天料理でカラダもココロもきれいに!

では、寒天列車の車内へ。

テーブルにはすでに、本日の寒天料理がセットされています。楽しみ!

寒天列車の料理を作ってくださった、山岡駅前にある「かんてんかん」のおかあさんが、蓋を開けてきれいに並べてくれました。

おぉー!品数がすごい!美味しそう!!

早く食べたいところですが、まずは前菜の「ところてん」を頂きましょう。

これ!ところてんを「ぴゅーっ」て出すやつ。正式名称は「天突き」なんだって。

ところてんは三杯酢で頂きます。つるっつる、ぷるんぷるんで美味しい!

急勾配の登り坂が続く明知鉄道。ディーゼルエンジンが唸りを上げる中、車窓には目も暮れず目の前の寒天料理に目をキラキラと輝かせる私。

シート状の寒天を敷いたちらし寿司。

寒天の海苔巻き。

蕎麦つゆを寒天でジュレにした、寒天そば。

クルッと丸まった海老の真ん中に細寒天を詰めた、海老の寒天抱え。

寒天の胡麻酢和えは、サラダのようにさっぱり。

飛騨牛のローストビーフには、寒天のジュレを添えて。お肉が柔らかくて絶品!

つるっと喉越しのよい滝川豆腐にも、寒天を添えて。彩りも美しいですね。

もちろんスイーツも寒天。寒天の水羊羹と、寒天チーズケーキ。

玉子焼きとフルーツ以外は、すべて寒天を使った寒天料理。最初「こんなに食べきれるかな?」と思いましたが、終わってみたらペロリと全19品を完食。お腹はいっぱいですが胃が重たい事は無いのは、さすが寒天料理!

寒天には棒寒天と細寒天がありますが、水で戻したそのままの姿で料理に用いる事ができるのは、細寒天にしかできません。
今回頂いた料理の中にも「寒天海苔巻き」や「寒天の海老抱え」など、細寒天の姿を活かしたものが印象的でした。

車内では、料理に使われた細寒天や、寒天餅、寒天カステラなどの寒天食品も発売されています。自宅でも寒天料理に挑戦してみるのもいいですね!

カーブや急勾配が続く山の中を走る、寒天列車。

恵那から53分、寒天列車は終点の「明智駅」に到着。

明智駅の周辺は、町全体で大正時代の雰囲気を保存した「日本大正村」というテーマパークが広がっています。寒天列車のあとは、レトロな町並みを散策してみてはいかがでしょうか。

古い町並みが残る「岩村」で途中下車

復路の列車は、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」のラッピング列車。

新型コロナウイルスの影響でドラマの放映がストップしていますが、また再開した時には明智鉄道にも多くの人が訪れてくれるといいですね。

グルメ列車に付く通行手形は、どこでも乗り降りができるフリー切符です。私は「岩村駅」で途中下車してみました。

国鉄時代からの、昭和の雰囲気が色濃く残るホーム。

岩村駅がある恵那市岩村町は、岩村城の城下町として栄えましたが、今でも当時の古い町並みが保存されています。

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台にもなりました。

岩村町の名物なのが「カステーラ」。今から約200年前、オランダ人から製法を教わったお医者さんが町民に広めたのがきっかけなのだそう。

ひとつひとつを型に入れて焼く、素朴でなつかしい「元祖カステーラ」。製法・技術ともに変わらない、全国のカステラのルーツともいえる「カステーラ」はぜひ食べてみて頂きたい!

おみやげの「カステーラ」も購入し、帰路につきます。

列車DATA

「寒天列車」
区間:恵那〜明智
運転日:9月30日までの火曜日〜日曜日・祝日の月曜日

www.aketetsu.co.jp