マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

楽しいリゾート列車 美味しいレストラン列車

415系セミクロスシート車で行く「日豊本線縦断号」①|小倉から宮崎まで日豊本線を縦断[旅行記]

鉄道コム

f:id:masa-tetsudo:20210726180412j:image

JR九州に残る国鉄近郊形電車「415系」を貸し切り日豊本線を縦断する2日間。「日豊本線縦断号」に乗ってきました!

*2021年7月の情報を基に作成しています

国鉄生まれの近郊形交直流電車

f:id:masa-tetsudo:20210726101601j:image

旅のスタートは「小倉駅」から。発車標のスクロールに「日豊本線縦断号」の文字が!
f:id:masa-tetsudo:20210726101557j:image

小倉から特急に乗れば宮崎までおよそ4時間30分。「日豊本線縦断号」は途中、秘境駅「宗太郎駅」などに停車しながら約6時間かけて宮崎を目指します。
f:id:masa-tetsudo:20210726101609j:image

今回の主役「415系」が入線してきました!
f:id:masa-tetsudo:20210726101554j:image

「415系」は国鉄が製造した交直流両用近郊形電車。交流区間と直流区間を直通する事ができる電車として1960年代から製造されました。九州のほか関東の常磐線などでも活躍した「415系」。現在はJR九州に残るのみです。
f:id:masa-tetsudo:20210726101544j:image

では、車内へ。
f:id:masa-tetsudo:20210726101535j:image

うーん!国鉄の香り!

f:id:masa-tetsudo:20210726102455j:image

この車両は昭和54年に日立製作所で作られたみたい。御年42歳。
f:id:masa-tetsudo:20210726101532j:image

ボックスシートと、ドア付近にロングシートを組み合わせた「セミクロスシート」というやつ。JR九州の「415系」は多くがロングシートに改造され、セミクロスシートが残るのは数編成のみと貴重なのだそう。

f:id:masa-tetsudo:20210726102754j:image

今回はボックスシートを1ボックス貸し切り。

f:id:masa-tetsudo:20210726101528j:image

国鉄時代のふかふかのシートなら、お尻が痛くなる心配もなさそう。
f:id:masa-tetsudo:20210726101525j:image

窓は下段が少しだけ開くので、換気も兼ねて風を浴びながら旅を楽しもう。
f:id:masa-tetsudo:20210726101551j:image

本当の"網棚"というやつ。
f:id:masa-tetsudo:20210726101604j:image

謎の機械ボックスがあるのがいかにも国鉄形。

全速力で走る415系

f:id:masa-tetsudo:20210726101547j:image

前を走る「ソニック」が遅れていたので、「日豊本線縦断号」は少々遅れて「小倉駅」を発車。

f:id:masa-tetsudo:20210726103334j:image

まずは大分までノンストップ。遅れを取り戻すべく時速100キロで日豊本線を爆走する「415系」。

f:id:masa-tetsudo:20210726103331j:image

のんびりとした時間が流れる車内。

f:id:masa-tetsudo:20210726103327j:image

小倉の市街地を抜け車窓はのどかな風景に。
f:id:masa-tetsudo:20210726103341j:image

青々とした稲がいい景色。
f:id:masa-tetsudo:20210726103338j:image

外は青空。天気がよくてよかった!
f:id:masa-tetsudo:20210726103323j:image

外には海が見えてきました!割り当てられた座席が山側だったのが残念ですが、復路は海側だったので海は復路に楽しむとしよう!

f:id:masa-tetsudo:20210726104009j:image

福岡と大分の県境あたりでしょうか、山が深くなってきました。
f:id:masa-tetsudo:20210726104014j:image

遠くに「別府タワー」が見えると、九州随一の温泉地・別府を通過。
f:id:masa-tetsudo:20210726104036j:image

ここからしばらくは別府湾に沿って走ります。いい景色!
f:id:masa-tetsudo:20210726104022j:image

「日豊本線縦断号」は小倉での遅れを取り戻し、ほぼ定時で「大分駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20210726104025j:image

ここでは7分の停車時間。
f:id:masa-tetsudo:20210726104030j:image

ホームを挟んで787系、885系と並びました!
f:id:masa-tetsudo:20210726104018j:image

宮崎までは、まだまだ長い道のりが続きます。

宗太郎で「36ぷらす3」と並ぶ

f:id:masa-tetsudo:20210726173524j:image

大分を出たところでお弁当タイム。大分で積み込まれたのは、大分駅の駅弁「鮨由」の「なごり雪」。これ、食べてみたかったやつ!
f:id:masa-tetsudo:20210726173515j:image

豊後沖で獲れた鰆の西京焼きがのったちらし寿司。上品なコッテリ感に香ばしい風味が相まって絶品!脂がのった鰆の美味しさをしっかり引き立てています。美味しい!
f:id:masa-tetsudo:20210726173527j:image

続いては今日の記念乗車証の配布。小倉から宮崎ゆきの硬券入り。
f:id:masa-tetsudo:20210726173531j:image

こちらは往復ともツアーに参加した人だけの特典。なんと今日乗った号車札のレプリカ!

f:id:masa-tetsudo:20210726174036j:image

「佐伯駅」を通過するとのどかな景色は一変、列車は山の中へと入っていきます。
f:id:masa-tetsudo:20210726174052j:image

しばし運転席の後ろでかぶりつき。右へ左へカーブする線路、トンネルの連続、続く登り勾配。そう、ここは大分県と宮崎県の県境で日豊本線最大の難所「宗太郎越え」区間。
f:id:masa-tetsudo:20210726174033j:image

ノッチを入れたりブレーキをかけながら、山越え区間を走ります。


f:id:masa-tetsudo:20210726174043j:image

「重岡駅」に到着!
f:id:masa-tetsudo:20210726174040j:image

停車する列車は上下合わせてわずか4本。延岡行きに至っては6時47分発が始発でもあり最終でもあるのです。
f:id:masa-tetsudo:20210726174057j:image

「重岡駅」には地元の方が大勢集まっていて、試食や地元の物産品の販売が。
f:id:masa-tetsudo:20210726174048j:image

この後に「36ぷらす3」がやってくるそうで、それに先立って「日豊本線縦断号」でも物産品の販売をして下さったみたい。

www.masatetsudo.com

f:id:masa-tetsudo:20210726175238j:image

「日豊本線縦断号」はついに、秘境駅「宗太郎駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20210726175304j:image

ホームが短いので先頭の1両だけドアが開き、あとの車両は締切。
f:id:masa-tetsudo:20210726175256j:image

大分県佐伯市にある「宗太郎駅」は1923(大正12)年に信号所として開設、1947(昭和22)年には旅客扱いを開始して駅に昇格。かつては急行列車が停まる頃もあったそうですが、現在では平均乗車人員が1人にも満たない状況。

1999年に開設された秘境駅を紹介するホームページ「秘境駅へ行こう!」の2020年度版秘境駅ランキングは33位。
f:id:masa-tetsudo:20210726175242j:image

山深いところにある「宗太郎駅」。
f:id:masa-tetsudo:20210726175259j:image

しかし駅前には民家があり、すぐそばには国道も走っています。
f:id:masa-tetsudo:20210726175252j:image

停車する列車は1日たったの3本。この間、特急列車や貨物は多数通過しますが、停車する列車はありません。列車に乗って「宗太郎駅」で降りてその日のうちに戻るには、

『延岡6:10発→宗太郎6:39着・6:54発→延岡7:26着』
これしか無いのです。そんな、乗降が困難な秘境駅に降り立てるのは貴重な機会。

www.masatetsudo.com
f:id:masa-tetsudo:20210726175248j:image

駅舎はなく、運賃箱がポツンとあるのみ。
f:id:masa-tetsudo:20210726175245j:image

道路から見ると、ここが駅だとはわかりません。
f:id:masa-tetsudo:20210726175307j:image

苔が覆い茂った階段。

f:id:masa-tetsudo:20210726180405j:image

注ぎてる湧き水。

f:id:masa-tetsudo:20210802081501j:image

待合室には、秘境駅に訪れた人たちの想いを描いた石が並べられていました。
f:id:masa-tetsudo:20210726180402j:image

14分の停車時間の間には、今日のメインイベントが待っています。
f:id:masa-tetsudo:20210726180358j:image

やってきました!36ぷらす3!
f:id:masa-tetsudo:20210726180416j:image

そう!ここで「日豊本線縦断号」と「36ぷらす3」が並ぶのです!
f:id:masa-tetsudo:20210726180420j:image

窓からは「36ぷらす3」の輝かしいエンブレムが。
f:id:masa-tetsudo:20210726180408j:image

光沢がすごいボディに「415系」の姿が映ります。
f:id:masa-tetsudo:20210726180355j:image

並んだのはわずか数分。興奮も冷めやらぬうちに「日豊本線縦断号」は「宗太郎駅」を発車。

f:id:masa-tetsudo:20210726181036j:image

「宗太郎越え」を抜け、列車は再び田園風景の中を走ります。

日豊本線縦断号は宮崎県へ

f:id:masa-tetsudo:20210726181044j:image

宮崎県に入って最初の停車駅「日向市駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20210726181051j:image

ホームの上屋がものすごく高くてびっくり!
f:id:masa-tetsudo:20210726181048j:image

上家の柱は地元産のスギ材を使ってるそう。
f:id:masa-tetsudo:20210726181055j:image

右側から近づいてきた高架橋。これは、かつてのリニアモーターカーの実験線。
f:id:masa-tetsudo:20210726181106j:image

今はソーラーパネルがのるリニア実験線。リニア中央新幹線も早く実現するといいですね!
f:id:masa-tetsudo:20210726181103j:image

単線区間なので、反対列車と離合しながら進みます。
f:id:masa-tetsudo:20210726181100j:image

海が見えてきました!宮崎の海!あいにくの曇り空ですが、白波が立つ海の光景が目の前に!
f:id:masa-tetsudo:20210726181041j:image

列車は「日向新富駅」に到着。ここではなんと"幕回し"をしてくれるとの事!


f:id:masa-tetsudo:20210726181110j:image

出てきたのは「有田陶器市号」。これはなかなかレアなのでは!
f:id:masa-tetsudo:20210726181033j:image

皆さん夢中でカメラ撮影。鉄道ファンの心をくすぐる演出に感激!

f:id:masa-tetsudo:20210731100816j:image
f:id:masa-tetsudo:20210731100805j:image

16時10分。「日豊本線縦断号」はほぼ定刻で、往路の終着駅「宮崎駅」に到着。
f:id:masa-tetsudo:20210731100813j:image

小倉から約6時間走り続けてくれた「415系」。長時間の旅でしたが、途中の休憩停車が良い気分転換に。田園風景から山へ海へ、変化に富んだ車窓で飽きる事なく過ごしたひととき。そして何より国鉄形のふかふかのシートは、お尻が痛くならなかった!

f:id:masa-tetsudo:20210731100801j:image

駅員さんの出迎えを受けながら、今日の旅は終わり。
f:id:masa-tetsudo:20210731100809j:image

明日は復路の旅。この続きは次の記事へ。

関連リンク

関連記事

415系セミクロスシート車で行く「日豊本線縦断号」②|九州唯一のデッドセクション!宮崎から海を渡り下関へ[旅行記] - マサテツ〜楽しく美味しい列車旅〜

関連書籍

鉄道イベント情報

岳南電車 がくてつ機関車ひろば開業記念ナイトウォークイベント(2021年8月28日) - 鉄道コム

只見駅 レールスター乗車体験イベント(2021年8月29日) - 鉄道コム

黒部峡谷鉄道 車庫見学会 開催(2021年8月1日) - 鉄道コム

三陸鉄道 三陸ガストロノミー列車(ツアー)(2021年8月21日) - 鉄道コム

快速 etSETOra 復路呉線ルート 運転(2021年10月2日~) - 鉄道コム

JR九州公式サイト

www.jrkyushu.co.jp